« 千波湖のオオハクチョウ、そして涸沼散策 | トップページ | ワーイ、今朝もルリビタキに会ったぞぉー。 »

2006年12月13日 (水)

ルリビタキ、キャンパスに現れる!

何時ものように目が覚めて、何時ものようカフェオレを飲みながら、ほっかほかのお餅のようにねばねばする熱いチーズ入りのフランスパンを食べて、何時ものように車を運転して、職場へ。今日も天気はいい。8時前の大学キャンパス。人ひとりいない。静かだ。

いつものようにタイムカードを切り、ぼんやりとしたまま、雑木林がのこる道を歩くと、ヒヒッという声が聞こえたような気がした!耳が、体が反応する。頭にスイッチが入る。ひょっとしてルリビタキだゾ!静かに、M棟のそばの青い茂みの方に歩く。突然、ルリビタキの美しい囀りが始まった!ヒョロヒュルルルリッ!(カタカナで擬音化すれば)。少し控えめだが、美しい囀りだ!おおッ!るぁっきぃい! 間違いない、ルリビタキだ。ひとしきり囀り、静かになり、またまたヒッ、ヒッ、ヒッ、カカッ、カカッ、カカッといういつもの冬の囀り(地鳴き)に戻る。

姿を見たくなった。M棟のそばは、木の名前は分からないが青々とした葉をつけた木があって、上のほうは葉の茂みで覆われている。その中から声がする。じーっと立ち尽くして待つこと数分。ようやくルリビタキらしき小鳥は姿を現した。たぶん、メスのようだ。建物と建物との間にまた小さな木立があって、下は落ち葉で覆われている。その小さな木に飛び移った。メジロらしき群れもやって来た。近寄るが、逆光で瑠璃色の姿はなかなか確認できない。かろうじて薄オレンジ色の胸が少し見えるだけだ。双眼鏡があったらなぁあ!

約15分、地鳴きと囀りを繰り返しながら、ルリビタキは、低木に羽を休めたかと思えば、緑の葉に覆われた常緑樹の中に姿を隠したり、なかなか元気に動き回る。そして、またヒョロヒュルルルリッ、ヒョロヒュルルルリッと何度も何度も囀る。ウットリと聞き惚れてしまい、時間を忘れてしまう。ゲーテなら、Verweile doch! Du bist so schoen! (留まってくれ、君は何と美しいのだ!)と呟くであろう。 おっと、いけない、このままルリちゃんと戯れたいのだが、仕事、仕事、仕事だ。

鍵を開けて、センターの開館準備をする。そのうちに部下の女子職員がやって来た。ちょっと、5分ほどいいかな、と断ってルリビタキのところに戻る。相変わらず、元気に動き回っている。囀りと地鳴きの繰り返し。ああ、これで、今日1日の幸福は約束されたようなものだ。朝から、こんな出会いをするなんて!

10時からお偉方を交えたお金に関わる会合に出席、その後事務所に戻りスタッフとミーティング、12時から留学生とのミイーティングがあるので、11時半から早めの昼食は、天ぷらそば。10分で平らげ、またまた、M棟に戻った。昼休み間近で、学生達が行き来しているにも関わらず、ルリビタキは地鳴きを発し、またまた私がいる前で、あの控えめで朗らかな囀り(ヒョロヒュルルルリッ)を何度もしてくれる。その場に立ち尽くして聞きほれた。

12時からミーティングをこなし、そのまま、大学院の会議に出席。某外国人の教授の逐語通訳だ。これで1時間。その後、センター長とスタッフを交えた月一度のミーティングまでまだ30分ある。またまた、仕事をサボって?M棟へ。ルリビタキ君は、まだまだがんばっている。地鳴きと囀り。地面近くにはやってこないが、クヌギの木や青い葉に追われた常緑樹を行ったりきたり、やんちゃぶりは続いている。シジュウカラ(ツッピー、ジュクジュク)とコゲラ(ギィー、ギィー)の群れもやって来たが、ルリちゃんは一人で対抗している。ヒョロヒュルルルリッ。ヒョロヒュルルルリッ。

予定通り14時半からのミーティングに出席。1時間で終了。今日は会議が多い。時計は15時半を過ぎた。本部棟にいったり、書類のやり取りの仕事もあるが合間に再び、M棟の例の場所へ。ルリちゃんはまだ囀っていた!ヒョロヒュルルルリッ。驚きである。朝から、1日中囀っているのだ。この囀りは、繁殖期の囀りと聞いているのだが、どういうことだろうか?

16時半前、薄暗くなる直前、ふたたびM棟の例のスポットへ。さすがに、囀りは終わっていた。地鳴きもしない。もうお休み?また明日かな?外は曇り空でぽつぽつと雨が降り出した。今日は、これまでと観念。明日また会おうぜ!

ということで、週半ば、仕事はちょっと辛いのだけれど(こんなことを言ってはいけないのだが)、ルリビタキと出会えて何とかしのげた。一日中、ルリビタキのことで頭は一杯だった。「透明人間でなく、ルリビタキ、キャンパスに現る!現る!」。辺りを歩く学生や教職員は全然気づかない。あんなに囀っているのに!知っている(聞いている)のは私だけなのだ。私だけが知っている秘密。明日は、30分早く家を出よう。もちろん、双眼鏡を持って。

« 千波湖のオオハクチョウ、そして涸沼散策 | トップページ | ワーイ、今朝もルリビタキに会ったぞぉー。 »

趣味・野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 千波湖のオオハクチョウ、そして涸沼散策 | トップページ | ワーイ、今朝もルリビタキに会ったぞぉー。 »