2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。 | トップページ | オオタカに接近遭遇! »

2007年1月 6日 (土)

ジョウビタキは雨がお好き?

1月4日から仕事始め。新年はゆったりと時間が過ぎた。2日間、仕事をして今日から3連休。しかし、外はパラパラと雨が降っている。よーし、行くゾ!双眼鏡と傘持参で出かける。家人にはすぐ戻ってくるからと・・・雨が降っているのに行くかぁ?あんたも好きね~。

「子供の森」の雑木林に行く手前の広場を通りかかる。子供のころよく野球をやったっけ。それから、ある日アオダイショウをみつけて、皆でよってたかって袋だ叩きして殺してしまったことも思い出す。子供は正直で残酷だ。雨足が少し強くなってきた。どうしよう、今日は止めるか。

と、迷い始めた時、ジョウビタキの囀りが始まった。昨日も職場に向かう朝(金曜日は遅番で10時45分出勤、1時間ゆっくり歩いてバードウォッチングをしながら出かけた)、同じ場所で見かけた。こんな雨が降っているのにこの元気な囀り。空き地を囲む手すりに止まってどうどうと鳴いている。しばらく双眼鏡で覗いて見とれてしまった。ちょうどこっちを向いて口を開けて囀っている。口の中の赤が見える。 これで、今日は雨天決行の決意が固まった。もうどんなことがあっても最後まで行くゾ!

雑木林の階段を下りて、林縁を歩く。ルリビタキの♀が住み着いている付近に差し掛かると、ちらっと姿が見えたものの、すぐ藪の中に姿を消してしまった。残念・・・。すぐ近くにシロハラの姿、それにちらっとモズの姿。そして、またまた、ジョウビタキの♂の姿。ラッキィ~。

千波湖はいつもは朝の散歩で人が大勢いるが、今日は誰もいない。そりゃそうだ。この雨だもの。私一人で独占だ。カワウ、ユリカモメ、ドバト、オオハクチョウ、コクチョウ、コブハクチョウ、ドバト、カンムリカイツブリ、カルガモ、ホシハジロ、オナガガモ、ヒドリガモ、オオバン、セグロカモメ・・・・。

トンネルを抜けて千波公園へ。いきなり右手の小さな水路の上をカワセミが飛んでいく。50メートル先の水辺の側の杭に止まったところを、双眼鏡で覗く。♂だ。

桜川沿いに歩く。いつもと違う鳥の姿が岸辺で餌漁りしている。双眼鏡で覗くと、コチドリ3羽。いや、目の黄色いリングがないぞ。イカルチドリ?

橋を渡って、徳川博物館のある雑木林沿いに歩く。ややややッ、またまた、ジョウビタキの♂。またまた囀ってるぞ。ジョウビタキは雨の日がお好き?枝の上で羽を休めて伸びをしたり羽繕いをしたり、足で頭をかいたり、いやあ、私生活をいろいろ見せてくれました。

道沿いの植え込みには沢山のアオジが餌を漁っている。ツグミの姿もあちこちに。公園センターの前の水路ではセグロセキレイ。 近くの梢でピチピチする。シメである。この辺りに住み着いている。散歩の度に必ずその姿を拝ませてもらっている。

道路を渡って護国神社へ。もみじ谷、桜山をゆっくり歩く。ここに来て、調子が悪くなった。公園内の池でコサギがこっそり餌漁りしている以外は全然駄目。いつものルリビタキスポットでじっくり待つも、♂2羽も♀1羽もさっぱり姿を見せてくれない。いるのは、シロハラとヤマガラとシジュウカラとコゲラとカケスだけ。時折、ウグイスの笹鳴きがするくらい。

桜山では、毎度顔を合わせる野良犬君とまた会ってしまった。目と目が合えば、追いかけてくる。時々吠えられたりする。雨足がさらに強くなる。こりゃ、駄目だぁ。引き返そう。

と、ウソの群れがやって来た。あの聞き覚えのある口笛の音。7~8羽のウソである。盛んに桜の木の芽を貪っている。しばらく、このウソたちと戯れながらルリビタキよ、出て来~い、と待っていたが結局駄目だった。

帰路に着く。途中で往路に出会ったジョウビタキ♂に再会、別のシロハラ、そして、アカハラ、そして、モズの♀に遭遇。 桜川の土手の方ではタヒバリの声がするが姿は見えない。

千波湖の側の店でソフトクリームを買って食べる。誰もいない。にやけた中年男が雨の中、傘をさして、ソフトクリームを食べている姿は様にならないなぁ。

最後にもう一度、少年の森のルリビタキスポットへ。やっと、ルリビタキ嬢(♀)に再会。15分近くいっしょに戯れた。いやぁ、やんちゃである。あちこち忙しく飛び歩く。地面に降りて餌をくわえたかと思うとまた枝に戻ったり、ベンチにチョコンととまって羽を休めたり。途中、双眼鏡の中に、アカハラ君まで飛び入りで登場してくれた。最後の最後で、楽しませてくれた。これで、満たされた。

12時過ぎ、約2時間半の雨の日のバードウォッチングは終了した。もう、本格的な土砂降り。靴はびしょびしょ。しかし、目はキラキラ。体は空っぽ。無の境地と恍惚感で一杯だった。

« 遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。 | トップページ | オオタカに接近遭遇! »

趣味・野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。 | トップページ | オオタカに接近遭遇! »