2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 身近な生物たち その(1) ヤモリ Gecko(英語) 壁虎(中国語) | トップページ | 春はそこまでやって来た・・・。 »

2007年2月 9日 (金)

オオタカ、キャンパスに現る!

今週は、スタッフの一人が風邪で倒れて、尚かつ、もう一人も東京へ出張したり、休暇を取ったりで、1階のカウンター業務は一人でこなすことが多かった。しかし、もう春休みで学内は静かだ。 交換留学生もほとんどが帰国してしまい、寂しくなった。 

昨夜、余り寒くない夜道を歩いて帰宅する途中、早春の梅の香りを嗅いだ。偕楽園の梅も咲き出している。春は、もうそこまでやって来ている。

今朝は、いつもの様に早めに職場に遣って来て、キャンパスを、いつも通り散策した。このところ、出会う野鳥が少ないのが気になっている。 昨日は、ビンズイを2羽見ただけ。 今朝も、アオジ、アカハラの姿はちらっと見たものの後は何もなし。かろうじてフィーッというウソの地鳴きが遠くから聞こえるだけで、静まり返っている。今週初めは、造園業者の方々が、朝から作業をしていた為かも知れない。植え込みの小さな灌木は枝がキレイさっぱりと切り落とされている。

今日も、駄目かぁ、とため息をつきながら、雑木林の縁に立って、しばらくボーッとした。

ふと、右手前方に目を遣ると、ん? 横に突き出た太い枝に大きな野鳥の姿。カラスでもハトではないゾ、猛禽か!? すわ、一大事!ではないが、慌てて、双眼鏡を鞄から取りだして、焦点を合わせると、な、な、何とオオタカだった! 胸は白っぽく、全体的に体(羽)は薄い茶色だった。オオタカの幼鳥のようだ。一瞬の判断だ。ノスリかとも思ったが、あのノスリ独特の優しい表情ではなかった。双眼鏡の中のこの猛禽の表情は「精悍」だった。鋭い目の縁は黄色。

絶好のアングルで、静かな早春のキャンパスの雑木林縁で一対一で対峙したまれな瞬間だった。じーっと観察したかったのだが、距離は、立っていた位置から30メートルくらいしかない。オオタカは私に気づいたようだった。鋭い目線と会った、その直後、さっと枝から離陸して、悠々と飛び去ってしまった。かなりの至近距離で、しかも、真正面で対峙していたし、双眼鏡の中の姿は凛々しかった。わずかな時間だけでもその高貴な姿を拝めたのを良しとすべきか?しかし、しかし、しかし、本当に残念だった。早春とは言え、風はまだまだ冷たい。昨夜は、夜中まで本を読んでいて、頭がちょっと重かったし、神経もちょっと弛緩していたのだったが、一気に覚醒した瞬間だった。

道理で、このところ、小型・中型の野鳥が少ないな、と不審に思っていたのが、これで謎が解けた思いだ、毎朝、オオタカがここにやって来ていたのに違いない。猛禽がやってくると、小~中サイズの野鳥は皆、大騒ぎして一目散に逃げ出すのは、ノスリの観察でよく分かっている。

朝から、オオタカと出会って、テンションが上がってしまった私だが、一日中、その興奮とその余韻に浸りながらの仕事だった。

« 身近な生物たち その(1) ヤモリ Gecko(英語) 壁虎(中国語) | トップページ | 春はそこまでやって来た・・・。 »

趣味・野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 身近な生物たち その(1) ヤモリ Gecko(英語) 壁虎(中国語) | トップページ | 春はそこまでやって来た・・・。 »