2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ヒレンジャクに会う! | トップページ | 旅の記憶シリーズ (1) ドイツ ~ Minden »

2007年3月24日 (土)

ミソサザイの囀りを聞く!

土曜日の今朝は、6時前には目が覚めてしまった。外はどんより曇っている。7時に起床し、コーヒーとチーズ入りのフランスパンを頬張り、双眼鏡を持って近くの雑木林へ。今日は、野鳥を見にというより、囀りを聞きたくて出かけた。

いきなり、カワセミのカップルや、ジョウビタキの♂に遭遇。幸先良いスタート。シジュウカラ、ヤマガラが囀っている。ウグイスもあちこちで鳴いている。これから冬鳥が徐々に姿を消して、夏鳥がやってくる。楽しみだ。

私だけが知っている探鳥スポットにやって来た。至近距離でルリビタキの♂に出会う。昨年の12月からこの一冬、ずーっと付き合ってくれたルリビタキ君。そろそろ、姿を消すだろう。

直後、ぐずるような何かの野鳥の声が聞こえていたと思ったら、大きな囀りが始まった。ん?何だ、何だ! おお、ミソサザイだぁ!!!複雑だが大変美しい大きな囀りが辺り一面に響き渡る。茂みの中で5分ほど囀ると、場所を次々に変えて、姿を現した。大きな木の切り株に止まって尻尾を上に上げて、口を大きく開いて囀ること、囀ること!!!私の頭の中は、すっかりα波に満たされて、しばし、我を忘れてしまった。

このミソサザイ、10センチくらいしかないホントに小さい小鳥。茶色の地味な鳥ですが、尻尾をピンと立てていて、なかなか可愛らしい小鳥です。

http://www.gt-works.com/yachoo/zukan/tori/misosazai/misosazai.htm

そして囀りは、

http://www.birdlistening.com/home/bird/miso.htm

その後、雑木林一帯をくまなく散策した。エナガ、ヒガラ(囀り)、コジュケイ(これもまた大声で囀るというかやかましく鳴いていた)、セグロセキレイ(囀り)、キジバト(囀り)、そして、アオジまでぐずる感じであの美しいソプラノの囀りを聞かせてくれた。

梅が散って、桜はまだ。春先の早朝の約3時間、バードリスニングを堪能した。

« ヒレンジャクに会う! | トップページ | 旅の記憶シリーズ (1) ドイツ ~ Minden »

趣味・野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒレンジャクに会う! | トップページ | 旅の記憶シリーズ (1) ドイツ ~ Minden »