2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 御前山を歩く! | トップページ | 身近な野鳥たちと戯れる »

2007年6月 6日 (水)

ちょっと疲れ気味の今日この頃・・・

5月はいそがしく、あっけなく過ぎてしまった。麗しき5月なのに。花鳥にうつつをぬかすにはまだ若すぎる私であると自らを慰めている。 このところ、とにかく余裕がないこの私。バードウォッチングは当分お預けだ。ああ、悲しや。週末に双眼鏡を持って出かけようというエネルギーが湧いてこない。

職場の昼休み時や週末は、時折気晴らしに公園や雑木林などを散策したりはしている。親鳥から給餌をうける巣立ったばかりの愛嬌のあるシジュウカラやムクドリの姿を目にすれば多少の気休めにはなる。気になっていた、コブハクチョウも一ヶ月ちかく8個の卵を抱卵していたが、結局5羽の雛が孵ったようだが・・・。今は子育て真っ最中の野鳥たちである。しかし、何かがもの足りない。ああ・・・俺はどうしたら良いのだろうか?

今年は、ツバメの姿が少ない。とても気になる。自宅近くの雑貨屋さんの軒下のツバメの巣は、ある日突然、破壊されてしまって、親ツバメも雛も居なくなってしまった。どうしたことか。昨年の巣あとで子育てするツバメがあまり居ないのだ。

職場付近の雑木林では、この間、ツミという猛禽を見かけた。ハトサイズの小さな猛禽だ。すぐそばでは何と、オナガの群れ。どうも、近くで子育てしているようだ。

いつの間にか、水辺の葦原ではオオヨシキリが濁声で囀り、近くではホオジロやセッカも囀っている。徳川博物館のある雑木林でイカルも囀っていた。

昨日は、蒸し暑い1日だった。たまらず、昼休みに外でピクニック・ランチを敢行。人一人いない某公園で緑の若葉の香りを吸いながら昼食を取る。キツツキの仲間のコゲラの群れに遭遇した。巣立ち雛だ。近くで、ハシブトガラスがかまびすしい。どうも、様子が変だな、と思って注意深くあたりを伺うと1羽のカラスが地面を歩いている。!? 巣立ち雛だ。飛べなくて地面を歩いている。からかってやろう。30分ほど、カラスを追い掛け回して戯れた。飛べないカラス。親鳥の怒ること、怒ること。すぐそばまでやってきて、木の枝を加えて私めがけて投げつけたり、頭すれすれに飛んできて威嚇したり。うるさく付きまとわれた。

今朝は4時半すぎ、自宅の2階のベッドの中で、うとうととしながら、今年初めてのホトトギスの囀りを聞いた。ウグイスは相変わらず毎日のように囀りに来る。ウグイス君、ホトトギス君に騙されるなよ!(注:ホトトギスはウグイスの巣に卵を産み付けて、ウグイスに子育てをさせる。何故だか知らないが、ウグイスの卵より先に孵って、しかも、生まれたての目が見えないホトトギスの雛はウグイスの卵をすべて巣の外に捨ててしまうのだ!何と言う自然のドラマか)

ちょっと、ばて気味だ。今日は明るいうちに退社。季節を眺める余裕がない今日この頃を思い、俺は一体こんなところで何をしてるんだ、という永遠のテーマがぶり返してくる。

« 御前山を歩く! | トップページ | 身近な野鳥たちと戯れる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 御前山を歩く! | トップページ | 身近な野鳥たちと戯れる »