2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 秋の匂いが・・・・・ | トップページ | ちょっとピンボケですが・・・ »

2007年8月25日 (土)

身近な生物たち(3) コクワガタはバナナがお好き?

昨日のこと。L先生が実家(中国)に2週間ほど里帰りするので冷蔵庫の中のもの差し上げますといってトマトだとかナス(家庭菜園で収穫したらしい)とかシシトウとかもらってしまった。ついでにお子さんに昆虫はどうですか?と手のひらにコクワガタの姿。「子供いないんですが、コクワガタは大好きなので貰います」、ということで引き取ったコクワガタ君。♂である。何故か右の真ん中の足が途中で亡くなっている。5.5本の足。取り合えず、終日書類を入れる紙の箱に入れて夕方、紙コップに入れカバンにそーっと忍ばせて帰宅した。

コクワガタ。何の変哲もないクワガタムシだ。子供の頃のチャンピョンといえばノコギリクワガタだった。朝早起きして、胸をときめかせて自宅近くのクヌギの林にクワガタムシとカブトムシをよく取りにいったものだ。ノコギリクワガタの見栄えの良さにくらべるとコクワガタは地味だ。小型で地味だ。よく死んだ振りをする。目を離すといつのまにか遁走して姿を隠してしまうのだ。

田舎に戻る前の5年間、松戸市の住人だった。柏との境界で里山に近い環境だった。いつも8月後半から9月になると明かりを求めて?窓の網戸にこのコクワガタが良く現われた。たまに、部屋を掃除機で掃除していると畳の縁とか押入れの縁とか、ノソノソ歩いていたりした。3年前には意を決して、♂2匹と♀1匹を飼ことにした。外国産の輸入物が数千円から数万円もするご時勢である。私は、国産愛用派だ!このコクワガタ君、冬を越すことも可能だと聞いて頑張ったのだが、2月のある寒い朝とうとう動かなくなって死んでしまった。しかし、9月から約半年近く、コクワガタ君と付合った日々はよき思い出だ。何を餌にするかまず困った。子供の頃は砂糖水を含ませた綿とかキュウリやナスの切り身を餌にしたものだが、インターネットで調べたら、バナナが良いと!

それで、安いバナナを買ってきて(ああ、子供のことの台湾バナナといったら、高級品で胸をときめかせて食べたものだが。このごろのバナナは台湾産ではなくフィリピンかエクアドル産が多い)与えると、喜んで食べること、食べること。 

「コクワガタはバナナがお好き!」なのである。

クワガタムシは夜行性だ。昼間はじっとしている。夜中にトイレに起きたとき、そっと覗くと盛んにバナナを貪っているコクワガタ君を何度観察しただろうか?餌を貪っているところを邪魔すると、怒りをあらわに角を開いて盛んに威嚇する仕草をする。 現在、紙コップにティッシュで蓋をした家に仮住まいだが、明日にでも虫かごを買ってこようかと思う。 コクワガタはこんな姿です。小さくて、平べったくて、じっと凝視しているとなかなかユーモラス仕草をします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%AC%E3%82%BF

http://contents.kids.yahoo.co.jp/zukan/insects/card/0030.html

インターネットで見てみるとクワガタムシの中では一番長生きするタイプ。数年生きることもあるという。

« 秋の匂いが・・・・・ | トップページ | ちょっとピンボケですが・・・ »

野鳥以外の生物たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の匂いが・・・・・ | トップページ | ちょっとピンボケですが・・・ »