2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ツグミ来る! | トップページ | キクちゃん(キクイタダキ)に連日出会う!今年は当たり年? »

2007年11月22日 (木)

木枯らしの舞う今日、ハゼを釣る!

今年初めての木枯らしが舞って冷え込んだ今日は、たまたまた平日だが休みだ。思い立って釣りに出かけた。少年時代の記憶と言えば昆虫採集と魚釣りである。涸沼には父に連れられてよく出かけたものだが、いつのまにか遠ざかってしまった。涸沼のハゼ、ボラ、セイゴ、フナから久慈川のアユ、ヤマベ、カジカ。もっぱら川と沼の釣りだった。少年時代の熱中はやがて勉学と年相応の遊び?に興味が移りいつしか、昆虫と魚は記憶の奥底に眠ったままに・・・・。

1984年、オランダに滞在していたころ、一度釣りキチの先輩に誘われて、ベルギーにマス釣りに出かけたがボウズだった。その代わりというわけではないが、ベルギーの黒ビールとムール貝とポテトフライをたらふく食べた。

今から、10年前、もと会社の先輩を訪ねてオーストラリアは西部のパースに遊びに出かけた。港で五目釣りを試したが、釣れたのはアジが2匹だけだった。おまけにユリカモメに餌付の釣りの仕掛けを飲み込まれて大変なことになってしまった。友人宅でそのアジはバターソテーにしてオーストラリア産の白ワインを飲みながおいしく食したのだったが。

野鳥観察を始めて5年近くなるが、時折少年時代の釣りの記憶が甦り是非またやってみたいと思うようになっていたが、なかなかその機会がなかった。

2年前に故郷に戻って腰を落ち着けたものの、少年時代の自然の豊かさはとうに失われ?あの涸沼ではハゼがさっぱり釣れないという。がっかりしたものだ。しかし、今年はハゼの当たり年という噂を聞いて10月終わりに一度出かけた。情報収集というやつだ。もうだいぶ寒くなってきて深場にうつりつつあるとは言うものの、60から80のハゼが束で連れたという。

ようし、と気分が高揚して来ていざという11月初旬の週末は天候が悪くお流れとなってしまい、その後急に冷え込んでとうとう涸沼のシーズンは終わってしまった。

しかし、新聞の朝刊を読んでいたら那珂川で釣れているという。今行かなかったいつまた行けるか?それっということで、釣り道具を揃えて心わくわく状態で出かけた。

しかし、那珂川のどこがいいのかよく分からない。さっぱりである。昔父に連れられて出かけたあたりをドライブしながらいくつかの船宿に寄り道して、情報収集をしながら、青イソメの餌を買いった。 ハゼと言えばゴカイなのだが、いまや高嶺の花。青イソメも大連から輸入しているという!日本のハゼも輸入食品の時代だ!。

そうしてようやく那珂川河川敷の某所にたどり着いたのは11時近く。家を出たのが9時過ぎだったから2時間が経過していた。平日なので釣り人もほとんどいない。さっそく、準備をして、餌をつけて、第一投。最初の30分はまったく駄目だった。ただ、コツンという小さなあたりが

何度かあったものの巻き上げてみれば空振りの連続。

場所を変えた直後。50メートルくらい先に投げ込み脈釣りである。すこしずつ巻いては止めて、巻いては止めて、を何度か繰り返しいると、来たぁー!!! あの少年時代に夢中になった初冬のハゼのグググッと食い込む一瞬の引きがあった。と、同時に竿を軽く合わせてリールを巻くと、18センチ前後の良型のハゼだ!!!20数年ぶりのハゼ!!! これで心が軽くなった。一匹も連れないんじゃないか、という思いが一瞬頭を過ぎった。初秋のハゼと違って初冬のハゼは深場にいて食いもにぶい。当たりを取るのが結構難しいのだ。

2時間半ほど粘って4匹釣り上げた。これじゃ、晩御飯のおかずにはならないナ。2030匹釣り上げてから揚げか天婦羅を目論んでいたのだが・・・・・。しかし、20センチ級の良型のハゼが2匹も釣れたし、20数年ぶりの釣りの結果としてはまあ、いいじゃないか!600円で買った青イソメはまだ大分残っている。今週末、もう一度挑戦しようかと思っている。

Kif_1563_2

« ツグミ来る! | トップページ | キクちゃん(キクイタダキ)に連日出会う!今年は当たり年? »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ツグミ来る! | トップページ | キクちゃん(キクイタダキ)に連日出会う!今年は当たり年? »