« 東松山で歩き、そしてバードウォッチング・・・ | トップページ | ツグミ来る! »

2007年11月11日 (日)

きままにおしゃべり(9)脱線編 アマゾネス軍団~エディット・ピアフ~プレベール

東松山で偶然出会ったアマゾネス軍団の美女達が脳裏を離れない。彼女たちは大学のバレーボール部だという。二十歳前後でみずみずしく爽やかでありつつ、匂い立つとまでは言えないが微かな女の匂い。隣のテーブルで飲んでいた我々は皆50歳以上だった。さすがに気恥ずかしくて前回のブログでは写真を掲載できなかった。ああ、永遠に失われてしまった若さと美しさ!?

東松山からの帰り道、上野駅で思い出したようにエディット・ピアフのCDを購入した。2枚組みの「エディット・ピアフ エターナル」。彼女の代表作38曲が入っている。無視していたわけではないのだが、何故かこれまで縁がなく、ふーん、と敬遠していた歌手だった。

2週間ほど前、ジャック・プレベールのシャンソン曲集のCDJe suis comme je suis)を聞いていたら、突然エディット・ピアフの曲が異常な感動を伴って耳に飛び込んできた。「心の叫び」という曲だ。プレベールの詩はいまでも多くのフランス人が作曲して歌われているらしいが100曲を超えるそうだ。いろいろな歌手が歌っているのだが、ピアフの歌唱力はずば抜けている。解説で詩の訳者でもある高畑動氏も「何を歌おうが、たとえ歌詞がくだらなかろうが、その歌声だけで人を感動させてしまう」という。彼女の歌うこの歌は歌詞もすばらしい!うーん、とうなってしまった。

伏線があった。たしか、映画「ブリキの太鼓」のどこかのシーン、瓦礫のなかだろうか、シャンソンが流れて兵士達が聞き入っている場面があって、異常なくらい印象に残る歌声が流れていた。確か、声からしてピアフだな、と思っていたのだが確認しないと分からない。そのときの印象が映像と一緒に「心の叫び」の歌声を聞いたときに甦ってきたのだった。

この一週間、毎日帰宅すると食後のひと時ピアフのCDを聞いている。うーん、マリア・カラスがすごいという人はたくさんいるのだが、まだ私にはそのすごさがわからない。しかし、ピアフは本当にすごいナと実感を伴って思い始めている。マリア・カラスはクラシックであり、ピアフはいわゆるエンターテイナー歌手と言ってしまえばそれまでだが、「20世紀最大の歌手のひとり」であることは間違いないと思う。美空ひばりは、言ってみれば日本のピアフだろう。それとも、ピアフこそフランスの美空ひばりだろうか?

Kif_1518

« 東松山で歩き、そしてバードウォッチング・・・ | トップページ | ツグミ来る! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東松山で歩き、そしてバードウォッチング・・・ | トップページ | ツグミ来る! »