2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« キクちゃん(キクイタダキ)に連日出会う!今年は当たり年? | トップページ | 雨にぬれても・・・キクイタダキと今日も戯れる。 »

2007年12月12日 (水)

キクちゃんと3連荘!

本当に今年はどうなっているのだろうか!今日もまたキクちゃん(キクイタダキ)と戯れた!

田舎生活になれた私はかなりの早起き。始業時間の1時間前には職場に来ている。そして、冬場は楽しい早朝キャンパスバードウォッチングを仕事の前に楽しんでいるのだが、そのキャンパスにキクちゃんが現れたのだ!

昨年もこの時期は一週間、ルリビタキの♀と戯れたものだ。そして、今年は? 一昨日と昨日は近くの雑木林や公園でカラ類の混群(シジュウカラ、ヒガラ、コゲラ、エナガなど)の中に4羽~5羽のキクイタダキを発見、大いに興奮したのだった。

そして、今朝のキャンパス。警備員室の近くでアオジ君に出会ったあとキャンパスを歩いていると自転車置き場の付近からもうすっかり耳に定着したキクイタダキの地鳴きが聞こえてくるではないか(シリリリリ、シリリリリ)。

鞄から双眼鏡を取り出してさっそく音源に近づく。またまたカラ類の群れだ。そして、キクちゃんがその群れの中にいた。2羽確認した。朝からテンションが上がってしまった。10分ほど観察してからキャンパスを一周した。別の建物のそばの雑木林縁で、キセキレイ、セグロセキレイ、ハクセキレイのツガイ、少し離れたところにシメ1羽、そのむこうになんとアカゲラ(啄木鳥)、ちかくの藪でウグイスの地鳴き。朝から豪華版のバードウォッチングだった。締めくくりは、一回りして職場のある建物の入り口に差し掛かった時だ。再びカラ類の群れに遭遇、今度はエナガの群れだ。シジュウカラとコゲラにメジロもいる。

午前中は仕事に没頭。そして、昼休み、また何かに急き立てられるかのように双眼鏡を持って近くの雑木林へ。もみじ谷では年配のおば様二人がバードウォッチング中であった。ちょうど右手の桜の木の天辺にジョウビタキの♀がとまっていて、双眼鏡で観察中だった。

「野鳥観察ですね!昨日、ここでキクイタダキの群れに出会ったんですけど、今日は観察できましたか?」 と少し得意げに私が訪ねると、「はいはい、見ました、見ました」、とうれしそうにおば様たちはお答えになる。何ィ!見ただとォ!そんな簡単なものではないのだよ、おばさんたち、とそう言い掛けたかった。

正直、ちょっとばかりがっかりした。こんな(失礼)おば様たちにも簡単に観察できるキクイタダキにこの2年間まったく出合えなかった私は何なのだ。密かな楽しみは独占したいものだ。ところが、いとも簡単にはい、見ました、と言われると複雑な気持ちになる。

気を取り直して職場に戻る。もちろん雑木林の小道を歩きながら。途中でたくさんのアカハラとシロハラに出会う。最後の出口のところで、シリリリリ、シリリリリとまたキクちゃんの地鳴き。

双眼鏡で音源を探ると松の緑の葉を忙しくわたり飛ぶキクイタダキだった。頭に菊の花の黄色をいただく小さなかわいいキクちゃんだった。

この分だと、明日もまた・・・

« キクちゃん(キクイタダキ)に連日出会う!今年は当たり年? | トップページ | 雨にぬれても・・・キクイタダキと今日も戯れる。 »

趣味・野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キクちゃん(キクイタダキ)に連日出会う!今年は当たり年? | トップページ | 雨にぬれても・・・キクイタダキと今日も戯れる。 »