2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« きままにおしゃべり(11) 肉を生でたべること | トップページ | お昼に「清蒸黄魚」を食す »

2008年3月29日 (土)

ツバメ来たるッ!!!鳥たちは「恋の季節」

ああ、3月ももう終わってしまう・・・ううう。梅が散って桜がもう東京では満開だという。北関東のこちらではまだなのだが、その間、コブシの木に清楚は白い花が咲き誇っている。なかなか美しい。沈丁花も先々週から咲いて芳香放っている。春が沈丁花なら秋は金木犀だ。匂いの花だが、いつのころからか愛着のある植物となった。ああ、この早春のまだ肌寒い空気とすこしばかりのメランコリー・・・

冬鳥が姿を消しつつ、夏鳥が徐々にやってくる季節だ。今日あたりもう気の早いツバメが空を舞っているだろう、と期待しながら逆川緑地を歩き始めると、ツピッ、ツピッ、と声が聞こえてきた!!!ツバメだぁ。

朝の7時半過ぎから11時までたっぷりと自然観察しながら野鳥や草花や昆虫達と戯れた。

先週の土曜日には、ヒキガエルが冬眠から目覚める瞬間を偶然目撃した。職場近くの湿地帯で聞いたことのないゲコッ、ゲコッという声を聞いた。音源に目を凝らすとヒキガエルが1匹、2匹、3匹ともぞもぞ泥の中で蠢いている。

蝶も動き始めた。モンシロチョウ、ヤマトシジミ、ルリシジミ、ルリタテハ、キタテハ・・・。

今日の観察結果は:

1)   コサギ 2)シジュウカラ(囀り) 3)ウグイス(囀り) 4)マヒワ 5)ルリビタキ 6)シロハラ

7)ツグミ 8)アカゲラ 9)コゲラ 10)エナガ 11)ビンズイ 12)ハクセキレイ(囀り) 13)オ

オタカ 14)アオジ(囀り) 15)カワラヒワ 16)ホオジロ 17)シメ 18)キジバト 19)メジロ 

20)コブハクチョウ 21)カルガモ 22)キジ 23)ヒバリ(囀り) 24)コジュケイ 25)ハシボソ

ガラス 26)ハシブトガラス 27)ムクドリ 28)ヒヨドリ 29)ベニマシコ

先週末まで見かけたジョウビタキが姿を消してしまった。ルリビタキも1羽だけかろうじて地鳴きとちらっと姿を見ただけだ。マヒワはまだ沢山いる。群れていたエナガはツガイでの行動になっている。そう、恋の季節なのだ。カルガモ、ハクセキレイ、ツグミ、コブハクチョウ、あちこちでカップルとなっている。ああ、先週は職場の体育館のそばで早朝から交尾をするキジバトに遭遇したっけ。邪魔してしまったなぁ。

Kif_1621_3

« きままにおしゃべり(11) 肉を生でたべること | トップページ | お昼に「清蒸黄魚」を食す »

趣味・野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« きままにおしゃべり(11) 肉を生でたべること | トップページ | お昼に「清蒸黄魚」を食す »