2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« やっとオオルリに出会えました! | トップページ | Bonjour コクワガタ君! »

2008年4月28日 (月)

夏鳥が続々とやって来ています!そして、嗚呼、オオルリ三昧!

先週土曜日は出勤だったので、今日は振り替え休日でおやすみぃ~!待望のオオルリに出会えてぐっすりと熟睡した昨夜だったが、今朝は、5時に目が覚めてしまった。ウグイスは5時半前に鳴くので、つまりは、ウグイスより早起きをしたということ。

良し、今日も行くゾ~ォ、と双眼鏡を持って家を出た。昨日とは反対のコース、桜川緑地を歩こうと決めた。玄関を出て、一瞬迷いが生じて、昨日待望のオオルリを観察した逆川コース方面に足が伸びて計画変更をしそうになったが、すぐ心を修正してまずは、少年の森に足を踏み入れた。これが大成功だった。

少年の森のまでは静かな住宅街を歩く。いつものとおりウグイスが囀り始めていたのだが、少年の森に入った途端、いきなり、エゾムシクイの囀りが私を迎えてくれたのだった!やったぜ、ベイビー!初っ端から絶好調ダゼ!しかし、これで驚くのはまだ早かった。その後が、驚き桃の木山椒の木であった

緑が一気に噴出してすがすがしい香りがあたりに漂う小さな雑木林なのだが、ちょっとした森林浴気分で50メートルほど進むと、静かだった少年の森は一気に野鳥のコーラスに包まれた!もうそれは圧巻だった!チチョチチョビー、とセンダイムシクイの囀りが聞こえたかな、と思ったら、キョロンキョロンジュリリ、のアカハラ、ツピーツピーツピーのシジュウカラで一気に賑やかになった。

耳を澄まして聞いていると、そのシンフォニーの中に、ひときわ高らかにあの美しいオオルリの囀りが聞こえたような気がした。ンンン?耳を澄ませながらじーっと立ち尽くす。徐々にトーンが上がってきた。おお、やっぱり、オオルリだぁ!。昨日のぐぜるような囀りに似ている。すこしばっかり遠慮気味だ。目を凝らして音源をたるとチラリと姿が見えた。英語名Fly catcherと言うとおり木の高い梢で宙返りするような仕草で忙しく飛んで空中の虫を食べるのだ。双眼鏡の中は、あこがれの、昨日目の当たりに見たばかりで興奮さめやらぬあのオオルリであった!やったぁ、二日連続でオオルリの大当たりィ!!!

しかし、オオルリはすぐに鳴きやんで姿が見えなくなってしまった。残念。

ここで気を取り直して、ひとまず、少年の森を離れた。そして、約2時間桜川緑地を散策したのだった。本日の「鳥果」、つまり観察した野鳥、というかリスニングしたものも含めると、

1)   オオルリ♂1(囀り) 2)ウグイス(囀り) 3)キビタキ♂1(囀り) 4)センダイムシクイ3+

(囀り) 5)エゾムシクイ1(囀り) 6)ヤブサメ1(囀りというか地鳴き) 7)ツバメ 8)コチドリ 9)アオジ(囀り) 10)ホオジロ(囀り) 11)セグロセキレイ(囀り) 12)メジロ(囀り) 13)シジュウカラ(囀り) 14)マヒワ 15)シメ 16)ツグミ 17)アカハラ(囀り) 18)ヒバリ(囀り) 19)キジバト 20)コゲラ 21)ヒヨドリ 22)ムクドリ 23)カワラヒワ(囀り) 24)コブハクチョウ 

25)コクチョウ 26)ヒドリガモ(まだいます) 27)ホシハジロ(まだいます 28)カルガモ

注)太字が渡りでやってくる夏鳥

冬鳥もまだいるのだが、夏鳥が大分揃ってきた。オオルリ、キビタキ、センダイムシクイ、エゾムシクイ、ヤブサメ、と来たのだ。クロツグミがまだだなぁ。ノビタキもそう言えばまだ見ていない。季節限定で移動中の野鳥が羽を休める束の間の瞬間を双眼鏡で捉えるのは大変なことなのだと思う。

上流で約1時間、元気に囀るキビタキと戯れて、8時半過ぎ、少年の森に戻った。途中、シィシィシィシィと虫が鳴くようなヤブサメの声も聞いた。清掃でモーター音をたてて埃をたてている作業中の人があってうるさかったが、その騒音にも関わらず、オオルリ君の囀りが聞こえてきた。なんと伸びやかで新緑にふさわしい清々しい囀りだろうか!私はふたたびその場に釘付けとなってしまった。30分近く、ベンチに腰掛けて美しい囀りに聞き入ってしまった。双眼鏡で美しい青と白のツートーンカラーのオオルリ君の姿を追い求めながら。合間には同じ夏鳥のセンダイムシクイの合いの手が入った。

9時半前に、一旦帰宅した。少年の森の出口では、別のセンダイムシクイと朝一番、私を元気な挨拶で出迎えてくれたエゾムシクイが囀っていた。 私は夢を見ているのではないか?

参考までに、センダイムシクイの囀りはこんな感じです。

http://kochan01.cool.ne.jp/link/yatyo/sendaimusikui.html

そしてエゾムシクイは、

http://kochan01.cool.ne.jp/link/yatyo/ezomusikui.html

ヤブサメは、

http://kochan01.cool.ne.jp/link/yatyo/yabusame.html

みんなウグイスと同じ仲間で結構似てます。正直いって私には外見から見分けがつきません。

朝食を取りながら、家の人に、少年の森にオオルリが来てるよ、と興奮気味に話す。しかし、相手にはなかなか、何がすごいのか、理解してもらえない。私は、トイレで用を足すのもそこそこに、ふたたび少年の森に戻った(歩いて5分ちょっとの距離です)。

10時前の少年の森は静かだった。が、すぐにまた囀りが始まった。シジュウカラ、センダイムシクイ、そして、オオルリ。囀り始める直前には、座っていたベンチのなんとすぐ近くのモミジの木、地上3メートルくらいのところに降りてきていたのだから、びっくりである。わずか10メートルくらいの至近距離だった。オオルリが鳴いている間はずっと森にいようと、本を持参で来たのだが、本を読む気分にはならない。

だんだん、遊ぶ子供達の声がするようになってきた。10時半過ぎ、森は再びシーンとしてしまった。これを潮時と見て、今日のバードウォッチングを終了した。 この分だと、明日の朝も少年の森に行ってしまいそうだ。

« やっとオオルリに出会えました! | トップページ | Bonjour コクワガタ君! »

趣味・野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっとオオルリに出会えました! | トップページ | Bonjour コクワガタ君! »