2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 奥久慈で夏鳥たちに会ってきた(4) | トップページ | サンザシの花咲きました・・・。 »

2008年5月25日 (日)

奥久慈で夏鳥たちに会ってきた(最終回)

~ 幻のヤマセミとセンチメンタル・ジャーニー ~

ハイライトの場面を中心にハイキングの様子を書いてみたが、他に啄木鳥のアカゲラヤマガラカワラヒワ、巣立ち雛を引き連れたシジュウカラ、巣立ち間際のハシブトガラスの雛の声を彼方此方で聞いたり、オオタカサシバからわからない猛禽を山頂付近で見かけたり、どうも子育てをしていて近くに巣があるにちがいないホオジロの夫婦や別のキセキレイの夫婦にも威嚇されたり、最初から最後まで実に楽しいバードウォッチング兼リスニングだった。

さらに、実は確証がないので書かなかったのだが、ヤマセミ(カワセミの仲間)をちらっと見たのだった。寝不足で疲れ気味だった私は早朝の水郡線でうとうとしていた。西金駅に近づいてぼーっとした頭のままぼんやりと目を開いたのだったが、久慈川の陸橋を渡っていると平行に走る電線に、図鑑では飽きるほど眺めたことのあるヤマセミの姿が目に入ったのだった。眠気が吹き飛んでしまうほどの驚きだった。確かめるすべはない。一瞬の出来事だった。あれは、夢だったのか、幻だったのか? 次回まで「お預け」だ・・・・ 

http://www.yachoo.org/Book/Show/388/yamasemi/

痛い左足を引きづりながら帰路の電車を待つ間、久慈川を散策した。子供のこと、たぶん、小学校の高学年か中学生のころ、ここでキャンプをした記憶が甦った。キャンプ場は今も存在している。川原にでて、ヤマベ(オイカワ)釣りに興じている釣り人を眺めながら、対岸の大きな岩を目にした。あそこの岩まで行って、飛び込みをやったな、そう言えば、大きなムカデをここで見つけたなぁ。

キャンプ場の駐車場には神戸、横浜、群馬ナンバーの車が駐車して若者がこれから炊飯をしようとしているところだった。 1548分発の水郡線上り電車に乗ってまもなく雨が降り出した。上小川、西金と過ぎて、例の陸橋に差し掛かった。電線を注視したが、もちろん、そこにヤマセミの姿はなかった。 (完)

Kif_1689 Kif_1693

« 奥久慈で夏鳥たちに会ってきた(4) | トップページ | サンザシの花咲きました・・・。 »

趣味・野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥久慈で夏鳥たちに会ってきた(4) | トップページ | サンザシの花咲きました・・・。 »