« Bonjour コクワガタ君! | トップページ | ホトトギスの囀りを聞く! »

2008年5月16日 (金)

義理の叔母の贈り物~何と、サンコウチョウと出会った!

思いもよらない所で、あこがれのサンコウチョウと遭遇した。

父方の義理の叔母が亡くなった。享年87歳。3年前に叔父がなくなり、その後を追うように今週はじめに亡くなった。今日は朝から忙しく、出棺、荼毘、収骨、葬儀・告別式、精進落とし、と済ませてきた。

6時起床。いそいそと朝食を食べて、車で出かける。一瞬双眼鏡を持っていこうか、迷った。ある種の予感である。2年前の晩秋、北茨城でウソに出会った時も朝の出掛けに霊感があった。200611月のブログ参照→

http://birds-eat-bookworm.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_4c0c.html

そのときは双眼鏡を持参して大成功だったのだが、今日はお葬式だ。やめとこう・・・結果的に、後悔することになってしまった。

7時半過ぎ、実家に到着。直後にもうアカゲラの地鳴きを聞いて、ああ、失敗した、と悟った。実家の家の裏手の鬱蒼と茂る森の一本の木(半分枯れかかった杉の木)にアカゲラが登場しただった。いきなり、テンションが上がってしまった。ウグイスはすぐそばの庭や、藪や崖のあちこちで囀るし、スルスルと枯れかかった杉の木の上の方で餌を漁っているアカゲラを肉眼で観察していると、シジュウカラやカワラヒワも近くにやってきて囀っている。まるで夢見たいな野鳥のコーラスショーが始まった。

午前10時前。待ち時間の間、西山荘(徳川光圀の隠居跡で有名)の近くのとある場所を散策した。あたりは林野庁所管の国有林だ。緑が一斉に吹き出した森の空気が心地よい。

亡くなった叔母の思い出。 弟が生まれる際に、母が入院して私はこの叔母のもとに預けられたのだった。雨がしとしと降るある日、庭で盛んに雑草狩りをする叔母の姿を縁側からじっと凝視していた私、当時5歳のことなのだが、その記憶が甦ってきた。 今から40数年前の4月半ばのことだった。

ウグイスのコーラスと遠くで微かにオオルリらしい囀りのする静かな森の中を通る散歩道のとあるところで佇みながら、知り合いにメールを打ちながら、そのコーラスに「ああ、イカルかな」、と思う野鳥の囀りが加わり始めた。半分無意識だ。「でも何か少し、違うナ」、という感じだった。

メールを打ち終わって、また歩き始めたちょうど、その時だった。目の前、そう30メートルか40メートル先を、すーっと、尻尾がとても長い野鳥が線を描くように左手の森から右手の森に横切っていって、また薄暗い森に姿を消した。そして、スーイ、ホイ、ホイ、ホイ、ホイと野鳥観察ガイドブックにも書いてある通り、そして、野鳥囀りCDに収録されている通りのあのサンコウチョウの囀りがすぐ近くで聞こえ始めたのだった。

その瞬間、その場に立ち尽くして、全身耳と化した私。 私は夢でも見ているのではないか?見たな、見たな、見たなーッ、あの尻尾のながいサンコウチョウを!

1分か2分、囀りに聞きほれながら、徐々に我に返りながら、双眼鏡を持ってこなかったことを後悔し始めた。

姿を見たのは、ほんの数秒、たぶん、5秒くらいだった。まるでそれは録画ビデオ再生によるスローモーションのカットのシーンのようだった。その後約30分ほど、鬱蒼としげる森の中を時々場所を移りながら囀るサンコウチョウ、つまり、バード・リスニングを堪能したのだった。やがて、私が姿を消したので周りが騒ぎ出し、弟が私を探しにやって来た。弟に一部始終を説明し、一緒に耳を澄ませるとホーイホイホイが遠くで聞こえたのを最後に、それっきりになった。

インターネットのあるサイトにサンコウチョウの姿と囀りがアップされてます!

http://www.asahi-net.or.jp/~yi2y-wd/a-uta/uta-sankou.html

一度見たら絶対忘れられない姿だ。写真は雄(♂)だ。雌は尻尾が短いという。かつては、普通に平地の雑木林で繁殖していたらしいが、近年はその数が激減していて、バードウオッチャーにとっては垂涎の的といえるくらいの存在らしい。

http://eco.pref.yamaguchi.jp/rdb/html/02/020096.html

このサイトにあるとおり、準絶滅危惧あり、とされる野鳥なのだ。

叔母の逝去で、たまたま、出かけた父の実家。 たまたま、待ち時間に、菩提寺の近くのとある場所をたまたま午前10時ごろ散策して、まったくの偶然で出会った憧れのサンコウチョウ。何と言う僥倖だろう。このまれに見る出会いをプレゼントしてくれたあの心温かくやさしかった叔母に、嗚呼、合掌。 サンコウチョウは叔母の化身として私の記憶に行き続けるに違いない。

« Bonjour コクワガタ君! | トップページ | ホトトギスの囀りを聞く! »

趣味・野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Bonjour コクワガタ君! | トップページ | ホトトギスの囀りを聞く! »