2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 奥久慈で夏鳥たちに会ってきた(3) | トップページ | 奥久慈で夏鳥たちに会ってきた(最終回) »

2008年5月25日 (日)

奥久慈で夏鳥たちに会ってきた(4)

男体山神社のオオルリに後ろ髪を引かれながら後にして歩き続ける。滝倉方面へと道が分かれるT字路のところで、サンコウチョウの囀りをふたたび聞いて、足を止めた。スーイ、ホイホイホイ。しかし、声はすれども姿は見えず、だ。山の中に入らないと駄目なのだろう。

表示版の後ろの雑木林からその囀りは聞こえてきた。Kif_1683

Kif_1685

さらに歩き続ける。典型的な里山風景のなかで、ホトトギスが囀っている。近くではウグイスも盛んに囀っている。しばらく粘ったが、ホトトギスの姿はとうとう見ることが出来なかった。そんな中で、ホオジロが印象に残った。 

あまりに当たり前すぎて、特筆する必要のない鳥と言ってしまうとホオジロに失礼だろう。実は、ホオジロは私の大好きな鳥なのだ。「日本三大鳴鳥」というと、ウグイス、オオルリ、コマドリだそうだが、コマドリの囀りは普通はなかなか耳にできないものだ。春の渡りの途中で2年前の春、1度私は自宅近くの神社でコマドリの囀りを偶然聴いたことがあるだけだ。

地元のJR駅では何故かコマドリの鳴き声が流されている。東京の鶯谷ではウグイスの囀りが流されているように。

話がそれてしまったが、ホオジロは至る所で、山頂にはさすがに居なかったが、下山を始めて少しするともうどこかの木の天辺で高らかに囀っていた。なかなか美しい囀りなのだ。身近の野鳥ではウグイスに次いで美しい囀りの野鳥だと私は思っているのだが。サイトを二つほど・・・

http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_080521088669_1.htm

http://www.asahi-net.or.jp/~yi2y-wd/a-uta/uta-hojiro.html

男体山ハイキングでは、最初から最後まで至る所でウグイスの美しい囀りと同じくらいか、それ以上にこのホオジロの囀りが聞こえてきたのだった。

ホオジロが囀る典型的な風景の1ショット

Kif_1680

« 奥久慈で夏鳥たちに会ってきた(3) | トップページ | 奥久慈で夏鳥たちに会ってきた(最終回) »

趣味・野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥久慈で夏鳥たちに会ってきた(3) | トップページ | 奥久慈で夏鳥たちに会ってきた(最終回) »