2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 気ままに読書(2) | トップページ | 世界カタコト辞典から »

2008年6月29日 (日)

空振りに終わったイシモチ釣り

一昨日の金曜日の夜、弟から電話があった。明日土曜日、天気がよければイシモチ釣りに行かないか、と。叔母の葬式で久しぶりにゆっくり話した際に、お互い中年を迎え、のんびり釣りでもしようか、と話したのだった。弟君も、家庭と仕事でストレス多き日々らしい。

天気予報では西日本は雨。天気が崩れそうだったが関東は大丈夫そうだ、久々にやるかぁ、と気合が入りすぎたのか、昨日の土曜日の朝は5時に目が覚めてしまった。子供心に、明日は父と釣りに行くとなると、前夜から期待感でなかなか眠れず、朝までうとうとして寝不足で出かけたことを思い出す。

朝食を取り、近くの病院に出かけた。過食と運動不足の結果、高コレステロール体質になって10数年。とうとう、薬物治療をする羽目となってしまった。今日は血液検査の結果を聞きに行った。結果は、正常範囲にもどりました、と微笑む医者の声でほっと胸をなでおろした。よーし、これで大好きなサーロイン・ステーキをまた食べられるゾ、と思ったのだったが、医者によれば、薬は今後も飲み続けないといけないらしい。これでは、一生薬漬けの生活になってしまうのか?

ひとまず、医者の言葉に安堵して帰宅、1階の洋間のソファにごろりとなった。このところ毎週末、忙がしかったのだが、久しぶりにゆったりと、寛いだ気分に浸る。 至福の時だ。 早速、ブック・サーフィンを始める。 ポール・ジョンソンの「インテレクチャルズ」を思い出したように手にする。朝の読書の励行だ。ヘミングウェイの章を開く。章のタイトルの副題が「底なし沼」。ヘミングゥエイは大酒飲みの大法螺吹きだったらしい。

ポール・ジョンソン氏はイギリス人である。ヘミングゥエイを論ずる前に、アメリカの知識人の特性について、いろいろ鋭い指摘をしている。曰く、独立国家アメリカにはアンシャンレジームに基づく特権階級が存在せず、合衆国それ自体が、不条理な古い秩序に対する反乱の産物であった。したがって、支配階級と学識経験者には亀裂がない。曰く、アメリカには制度化された聖職者階級がないため、ヨーロッパにおいて数多くの知識人を生み出す原動力となった反聖書主義は存在しない、そして、宗教は教義ではなく、行動に重点を置いた宗教、自発的な、多くの宗派に分かれた宗教、自由を制限するのではなく、自由をうたいあげる宗教である。 曰く、ほとんどの人間は稼いでは使い、開拓しては合併するのに忙しく、自分たちの社会的なよりどころに疑問をなげかける暇がなかった、云々。なーるほど。

そして、ジョンソン氏は、19世紀のアメリカを代表するアメリカ的知性としてエマーソンに触れる。このエマーソン、名前は聞いたことがあるが、私は、どういう人かよく知らない。 ジョンソン氏の説明によると、エマーソンは、教養高い知的エリートを評価しない。 エマーソンの政治・経済哲学は、アメリカ人を西へ、西へと駆り立てた哲学「明白なる使命(マニフェスト・デスティニー)」そのものだった。

「唯一確かな規範は、需要・供給の調整メーターである。法制化してはいけない。介入すれば節倹令が効いて筋が切れてしまうだろう・・・。公正な法律を作り、生活と財産を保証する。 施しも不要だ。 ・・・・・ 自由で公正な社会では、財産は低脳な怠け者から、勤勉で勇敢な辛抱強い者へ流れていく」

今日でいう、新古典派の経済学者、マネタリスト、反ケインズ主義者の言そのものではないか!当時のヨーロッパでは、「赤い妖怪」(マルクス主義)が徘徊し始めた時代だった、何と言う違いだろうか。ものが豊かで機会が豊富にあった当時のアメリカ的楽天主義と言ってしまえばそれまでだが。

イギリスのカーライル夫妻を訪れたエマーソンについて、夫妻の言葉によると、彼は、まるで雲の間から現れ出てきた天上人で天使のような美しい心を残して去っていった、そうだ。

日記に残した彼のある夢は、フロイト流の精神分析学者なら何と言うであろうか? 彼の夢とはこうである。

ある結婚についての討論に参加していると、突然、論者の一人が聴衆に向かって水をたっぷり積んだ消防車のホースを差し向けて、びゅんびゅん振り回した。皆逃げてしまい、エマーソンはその水を浴びてしまう。みるみるうちにびしょ濡れになったところで目覚めるエマーソン氏。 自分は濡れていないのでほっとした。

このくだりで、以前、偶然見た漫画を思い出して笑ってしまった。主人公は子供なのだが、美味しいスイカを食べ過ぎて、お母さんにいい加減にしなさい、とたしなめられる。美味しいんだから、いいでしょう、ママと甘える子供。 さて、遊びに出かけてオシッコがしたくなった。 公衆トイレはどこも何故か長蛇の列、ああ、間に合わない、とあちこち走り回り、やっと見つけた公衆トイレで間に合ったぁ~、と気持ちよく用を足したのだった。 が、自分ひとりだ、何故他の人が全然いないのだろう、と不思議に思い始めたところで、目が覚めた。

そして、オネショをしてしまった自分に気がついた。

などと、彼方此方想像を飛躍させながら、午前中一杯、夢想にふける。

14時過ぎに弟がやって来た。「兄貴ィ~。蒸し暑く、南風の吹く日だからイシモチは釣れるよ、今日は・・・」。 本を置いて、早速出かけることにした。向かうは、県北の某川河口。知る人ゾ知るイシモチ釣りのスポットだ、ったのだが、結果は玉砕だった。河口の堤防にはずらり釣り人がいたが、みな押し黙っている。今年はあまり釣果が出ていないとのことだった。結局、外道で手のひらサイズのカレイが2枚釣れただけだった。天気予報の通り、最初は蒸し暑かったが、徐々に曇りだし、風が冷たくなり・・・・・。19時過ぎに切り上げた。

言葉少なに帰宅する。 7月に復讐戦を約束して弟と別れた。

« 気ままに読書(2) | トップページ | 世界カタコト辞典から »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気ままに読書(2) | トップページ | 世界カタコト辞典から »