« 涼しい夏の夜に、レニ・リーフェンシュタールの「回想」を読む | トップページ | さっぱり仕事に身がはいりません~ »

2008年8月23日 (土)

星野ジャパン惨敗に苦言を呈す。

たった今、オリンピック野球の決勝を見終わったところ。アジア地区の韓国が金メダルを取れてよかったと思う。キューバが金メダルを取るよりは、という意味で。韓国ではオリンピック期間中はプロ野球を休みにしているらしく、球界をあげてというか国をあげて金メダルを取るための照準を合わせてきっちりといいチームを作ってきた、という印象を受けた。最終回は、主審の疑惑の判定もあるが一打逆転さよならの場面だったが、ダブルプレーで切り抜けたのは、韓国の底力だろう。実際、キューバの選手は追い込まれていた。

それにつけても不甲斐ない日本代表だった。何が、金メダル期待の星野ジャパンだ、というのが今回の日本の戦いぶりだった。出発前の壮行試合の段階ですでに大敗して黄色信号がともっていた。マスコミは星野監督をかばって書かないが、今回の惨敗によって星野氏は己の監督としての無能さを白日の下にさらしてしまった。オリンピックに照準を合わせて選手達の力がピークにならないようなチームを作ったのは誰の責任だ?国際大会に強い上原をほとんど使わず、予選で打ち込まれた岩瀬投手や和田投手の起用したり、本当にがけっぷちのなかで勝つ野球をしようとしたのだろうか?

準決勝の韓国戦は完全に力負けだった。韓国のほうが上だった。予選で戦ってすでにわかっていたのではないか。一発勝負の国際大会は、甲子園の高校野球と同じだ。決勝トーナメントは負けたらオシマイだ。戦力的に多少弱くても監督の采配で勝てる野球を星野監督はしなかった。問題の逆転を許した8回、上原を投入せずに何故岩瀬を出したのか!

男子サッカーの惨敗も見ていて腹がたった。負けるにしても何か許せるものがあればいいのだが、何もなかった。おっと、イケナイ、イケナイ。野球の惨敗に腹を立てていたら、余計なことを思い出してしまった。今回の野球の惨敗も、見ていてサッカー男子と同じだった。見るべきところががまったくなかった。一途に必死にあんたら本当にやってるのか!

とは言え、まあ、みんな一生懸命やってるんだから・・・という声が聞こえなくもない。年甲斐もなく、興奮しなさんな、お前の言うことは、単なる野次馬の妄言だ!いいかげんにしろ・・・と私のなかの別の人格がなだめようとする。 しかし、しかし、どうにもイライラが収まらない。今宵はしばらくは心が乱れて寝付けそうもない感じだ。

« 涼しい夏の夜に、レニ・リーフェンシュタールの「回想」を読む | トップページ | さっぱり仕事に身がはいりません~ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 涼しい夏の夜に、レニ・リーフェンシュタールの「回想」を読む | トップページ | さっぱり仕事に身がはいりません~ »