2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ウグイスの初鳴きを聞く! | トップページ | 春の憂鬱とトラツグミの囀り・・・ »

2009年3月 8日 (日)

カレイ釣りに初挑戦する!そして、33cmのカレイをゲットしたぁ~

週末の初日の土曜日は釣り場の偵察をした。何を釣ろうか?アイナメそれともカレイか。大洗漁港と那珂湊漁港を徹底的に調べたのだった。昨日はポカポカ陽気で釣れてるかなぁと思って釣り人に話しかけながら探りをいれた。しかし、あまり釣果は上がっていなかった。まだまだ3月で水温は冷たい。魚の活性は低い。釣れる魚となると、カレイ、アイナメ、カサゴ、メバルなどになってくる。

偵察を終えて帰宅し、天ぷらの夕食を取りながらまだ心は迷っていた。この間セイゴ釣りの外道で30cmのヌマカレイを釣り上げた。あの引きを思い出した。よしッ、カレイ狙いだぁ!

ということで、WBCベースボール世界選手権のアジア予選日本対韓国を見ながら日本が大量リードしたところで2階に上がり釣り道具の準備をした。カレイ仕掛けは市販のものを以前購入していたのだ。竿は3本使おう。錘負荷25号4.2メートル、20号3.9m、そしてチョイ投げ用の万能竿3mだ。釣り道具を無心でいじりながら、いつの間にかなつかしのグループサウンズのメロディーを口ずさんでいた。「かみさまぁ、おねがぃ~だぁ~・・・・・だっかぁら、一度だけ、君にいだかれってぇ・・・君のぉ~君のぉ~あたたかぁーいハートにぃ・・・」

熱い風呂に入り22時前には寝た。カレイの爆釣を夢見ながら。そして今朝の6時半。「アニタぁ!!!」オックス(グループサウンズ)の絶叫で目が覚めた。アニタって誰だろう。意味わかんない・・・。

7時に起床した。出勤する日と変わらずに朝食を取って、「行って来まぁーす」と家の人に声をかけ、一路釣り場へ。しかし、今日は寒い・寒い・寒い。何で昨日はポカポカで今日は真冬に逆戻りなのか!

早朝の釣り場はそれなにに賑わっていた。結局、大洗漁港ではなく那珂湊漁港にした。大洗は人が多すぎる。隣の人との「お祭り」を気にしながらの釣りはいやだ。ゆったりと、孤独のなかで無心になって、自己と対話しながら釣りをしたい。

竿を次々と投げ入れる。期待に胸が膨らむ瞬間だ。しかし、アタリはない。10分、30分、1時間、1時間半。突堤の先端で釣りをしていた一人が帰っていった。すぐに、その場所に移動。潮をみると渦巻いている。カレイは潮流を釣れ!と昨日読んだ本に書いてあった。

そして、10時過ぎのこと。足元に投げ入れておいた3mの竿の糸が拭けているのに気付いて何気なく聞き合わせしてみた。そしたら、重いの何のって!根掛かりかぁ?リールを巻きながらその重みを徐々に引き上げると水面近くでいきなり激しい抵抗を始めた。何かが釣れたぞォ!!!針は9号、ハリス2号。大丈夫だろうか?激しく抵抗しながら水面に現れたのははカレイだった。そして水面に上がってきた勢いでそのまま無事引っこ抜いた。

やったぜベイビー!今までの不安が一気に消えた。凍えそうに寒いが我がハートは熱くバタバタと暴れるカレイ君の口から針を外し魚籠に入れた。どうもマコガレイのようだ。目測30cm。これで今日の釣りは報われた。満潮まであと3時間。あと2枚くらい釣れないかなぁとさらに期待が膨らむ。アオイソメを2匹、3匹付けて餌をアピールし、扇状に遠いところ中ぐらいのところ、足元などいろいろ探った。

しかし、結局釣れたのはこの一匹だけでその後はアタリがまったくなく、12時半になったところで納竿とした。ボウズじゃあない、狙って一匹釣れたんだから。 不完全燃焼ではあったけれど、帰宅して計ってみると33センチのマコガレイ(違ってたら誰か教えてください)だった。さっそく、煮付けにして供養しよう。それにしても、カレイ釣りというのは我慢の釣りである。

測ってみると33cmありました。

Photo

普通のマコガレイより色が明るいような気がしますが模様とか体型はマコガレイだと思いますがいかがでしょうか?

Photo_4   

« ウグイスの初鳴きを聞く! | トップページ | 春の憂鬱とトラツグミの囀り・・・ »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウグイスの初鳴きを聞く! | トップページ | 春の憂鬱とトラツグミの囀り・・・ »