2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月22日 (水)

コサメビタキに遭遇しました!

憂鬱に取り付かれて過ごす日々。先週末からとうとう風邪を引いてしまった。たまの休日くらい家でゆっくりすればいいのに、よい天気に誘われて釣りに出かけて結局また玉砕だった。釣れるのは季節はずれのハゼばかり。カレイにもセイゴにも振られっぱなしだ。無理た祟ったようだ。偏頭痛に悩んでいる。ナントカしてくれぇ~。

夏鳥が続々と日本にやって来ている。双眼鏡をカバンにしのばせ今朝も偕楽園公園周辺を散策しながら職場へ徒歩出勤した。昨年のいまごろキビタキに出合った桜山を歩いていると聞いたことのない囀りが聞こえてきた。

キビタキやオオルリのような美しさまでは行かないがそれなりに耳をそば立てて聞いていて心地よい新しい囀り。何だ、何だ? じっとその場に佇んで小鳥の姿を探した。そして、見つけた。双眼鏡で覗いた姿は始めて見るコサメビタキだった(あるいはサメビタキ?)。緋色の地味なスズメサイズの小鳥。目を縁取る白が印象的だ。そして、目そのものがかわいい。

現場で20分近く釘付けとなってしまった。低木の枝を彼方此方飛び回っては囀ってくれた。時計を見ると10時25分。 10時45分までにタイムカードを切らないといけない。後ろ髪を引かれる思いでその場を立ち去った。

昼休みに再び戻って見たがもうコサメビタキの姿はなかった。

http://www.yachoo.org/Book/Show/567/kosamebitaki/

2009年4月18日 (土)

春の憂鬱とトラツグミの囀り・・・

すっかりご無沙汰してしまった。毎年桜の季節に来ると何故か決まったように憂鬱になる私だが、今年は忙しくて憂鬱を弄ぶ暇もなかった。

新学期が始まってようやく落ち着いてきた。そして、やっと憂鬱に浸り始めたところだ。

昨年開眼した釣りだが、カレイを3月のはじめに釣り上げて以来、忙しい日々の合間に涸沼川に3度出かけるもすべて玉砕だった。ここに来て魚君に振られっぱなしでいいところなし。

ポカポカ陽気に誘われて昨日の金曜日は久しぶりに歩いて職場へ出かけた。気分転換だ。1時間ほどかけて野鳥の囀りを楽しみながらの楽しい散策だ。ツバメはもう来ている。ジョウビタキとルリビタキの姿が消えた。ツグミやシメはまだ残っている。ところどころでアオジの囀りを聞く。あちこちでカワラヒワやシジュウカラが囀る。

徳川博物館の雑木林の手前で口笛を吹くような囀りが聞こえてきた。初めて聞く囀り。何だろう?心臓が高鳴った。新しい野鳥との出会い!?フィーッ。一呼吸置いてまたフィーッ。何度も何度も鳴いてくれる。頭の中が混乱する。ウソであるはずがない。

そうかぁ、トラツグミだ。ポカポカ陽気とは言え、今日はうす曇。午後からは雨というのが天気予報だった。昨年の冬から春にかけてはこの雑木林の向こう側で何度も観察したトラツグミだったが、囀りは聞いたことがない。野鳥囀りCDで聞いた記憶があるだけだ。

憂鬱をしばらく引きずっていた私だが思わぬところで滅多に聞けない野鳥の囀りを聞いて昨日は終日ウキウキした気分だった。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »