2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« イシモチ釣り第3弾 | トップページ | イシモチは何処へ? »

2009年6月28日 (日)

S君死す・・・ああ、合掌。

マイケル・ジャクソンが死んでマスコミは大騒ぎとなっている。エルビス・プレスリー以来の超大物の早すぎる死。プレスリーが死んだのは1977年の夏のことだった。まだ私は大学生だった。前年にドイツを旅して、そのお返しにというわけではないがドイツから学生がやって来て、水戸の我が家にも2週間ほどホームステイしたのだった。たまたまある日のこと東京に遊びに出かけて、夕刊フジの見出しで知ったのだった。それを拙いドイツ語でミヒャエル君伝えると、彼はシンプルなドイツ語で一言呟いた。 「Unser Elvis ist tot」(俺たちのエルビスが死んじゃった)。

次の大物の死というと、フランク・シナトラかなぁ。シナトラが亡くなったのは1999年の春ごろだったような記憶がある。イギリスで忙しい日々を送っていたある日、お客さんのアテンドでバーミンガムかどこかでうろうろしていた時だったと記憶する。終日テレビではニュースを流していた。

この年の秋には、パリに出張してセーヌ左岸のSofitel Rive Gaucheというホテルで施設見学をしていた時、携帯電話が鳴った。電話に出ると実家の父からだった。従兄が癌で亡くなったという知らせ。当時彼はまだ50歳だった。

今週の月曜日、いつものように千波公園を散歩しながら職場に向かう途中で携帯電話がなった。ハイ、モシモシ。東京のN氏からの電話だった。Sが急死しちゃったよ!一瞬わが耳を疑った。心臓がドキンとした。エエエエエーッ・・・絶句した。つい1週間前にメールで近況を聞いたばかりだった。彼は昨年2月のブログに登場してもらった。彼がこれを読んだかどうかは定かではないが・・・。

http://birds-eat-bookworm.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_c9a8.html

人の命ははかない。まさかS君がこんなに早くこの世を去ってしまうなんて・・・・・。どういうわけか私とは波長が合った。田舎に引っ込んで以来、酒を酌み交わして語り合う機会は減ってしまったが、そろそろ暑気払いでもやりに上京しようかと思っていた矢先のことだった。

フランク・シナトラは天寿を全うしたと言っていいだろう。しかし、マイケル・ジャクソンもプレスリーも私の従兄もS君も若死にだ。生れ落ちた瞬間から人は死に向かって走り出す。「生きること自体が体に悪い」と誰かが哲学的なことを言っていたと思う。

週末は野暮用で潰れた。今日も朝8時から出勤して一仕事をこなし16時過ぎに帰宅。堪えきれずに釣竿をかかえて海へ出かけた。車で向かう途中、ポツリポツリと雨が降り始めた。1時間ほどだが小雨の中で釣り糸を垂れた。先週土曜日の夜釣りパート2は空振りだった。期待して出かけたのにアタリはなし。一度軽く鈴がなったが針掛りしなかった。今日も駄目かも知れない。釣れなくてもいいと思いながら、夕刻の小雨ふる太平洋に4.2メートルの投げ竿で思い切り遠投した。100メートルは優に超えたはずだ。真っ直ぐにコントロール良く仕掛けを飛ばせるようになった。しかし、アタリは一度だけ。そして18cmサイズの小さなイシモチが釣れただけだった。雨足が強くなって、18時半過ぎ納竿。

Photo

« イシモチ釣り第3弾 | トップページ | イシモチは何処へ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イシモチ釣り第3弾 | トップページ | イシモチは何処へ? »