2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 入院日記 リハビリ編 その25 | トップページ | 入院日記 リハビリ編 その27 »

2018年6月26日 (火)

入院日記 リハビリ編 その26

6月24日(日) 晴れ

5時半に目が醒める。

東京の知り合いの塾通いで奮闘する娘さんからラインのメッセージが来ていた。ライン友達登録するとかわいい絵文字で即返信がきた。心が和む。

天気が回復。弟夫妻が買い出しに来てくれた。ビール、ロースカツ、焼き鳥を注文。野菜、肉、魚、パン、冷凍食品、カップ麺、等など、母は大量注文。

サッカーはドイツがかろうじてスウェーデンに勝利。後半のロスタイム。韓国はメキシコに破れ2敗で一次リーグ敗退は決定的。日本より強い韓国。アジア代表はやはりまだまだレベル的に世界水準に届いていない。ひ弱だ。それからすると、今回の日本は頑張っていると言える。夏の高校野球でもそうだが、無名校が1回戦、2回戦を接戦で勝って強くなり、あれよあれよと決勝まで行って優勝してしまう、そんな奇跡(ご記憶の方は長崎北高校を覚えていないだろうか)が今回のワールドカップでおこらないだろうか?

リハビリと朝の読書はユンガーの日記を読み続ける。アンゴラ、ルワンダ滞在のくだり。

お昼は、冷やし中華を食べる。

気温が上がって暑くなった午後は2階で過ごす。涼しい風が心地よかった。

開高健の釣り紀行「コスタリカ編」をパラパラめくった。美人の産地でターポン釣り。雨に祟られ、空振りが続くなか豪快な野生の豚の丸焼きを賞味してその時を待つ。最後に漸く一匹仕留める。しかし、この魚の食味はいただけない。

Kaiko_ken_2

夕食はボリュームたっぷりのロースカツを平らげた。付け合わせは刻みキャベツとポテトサラダ。

就寝前の読書は、再びユンガーの日記。アガディール、カサブランカのくだり。植物と昆虫への没頭。行く先々のflora and faunaを堪能し瞑想しながら日記につぶやく。海辺での戯れ。第一次大戦に従軍した兵士でユンガーと交流があり、老後をモロッコで生活しているフランス人とカサブランカの空港でワインを傾けながらの談笑。

« 入院日記 リハビリ編 その25 | トップページ | 入院日記 リハビリ編 その27 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院日記 リハビリ編 その25 | トップページ | 入院日記 リハビリ編 その27 »