« 入院日記 リハビリ編 その20 | トップページ | 入院日記 リハビリ編 その22 »

2018年6月21日 (木)

入院日記 リハビリ編 その21

6月17日(日) 曇り

ウグイスの声で目が覚める。天候はよろしくないが囀ずりの頻度はむしろ高くなるようだ。

台風6号が発生。サッカーはクロアチアがナイジェリアに勝利。2対0。

午前は、リハビリを挟んで、積ん読状態だった本「1941」を読む。新宿の紀伊国屋書店で買ったまま少し読んだまま放置しておいた。第二次大戦に米国がどう参戦していくか、米国なしには勝てない対ヒトラーとの戦争にチャーチルは策謀をめぐらし、それに呼応するルーズベルトがいかに自国を参戦に向けて誘導していくか。英語圏ではこれに関するドキュメントがかなり書かれている。学術書ではないがまがい物のノンフィクション本でもなさそう。ドイツのソ連侵攻と真珠湾攻撃はそれぞれこの年の6月と12月だ。

お昼は、フライドチキン、コーヒーにブロッコリーサラダ。

テレビでスティーブン・セーガルの「沈黙の崖」を見る。アメリカ版の燃えよドラゴンだ。

地震あり。震源地は群馬。珍しい。震度5弱はかなりだ。

3時のオヤツはアーモンド・フィッシュ、かりかりカルシウムを食べよう、がキャッチ・フレーズ。左足よ、早く良くなれ、と念じながら食す。

夕食(銀だらの西京漬)後、シャワーを浴びる。ゆっくり寛ぎながら居間のソファベッドで「1941」を読んだりワールドカップのサッカーを見たりする。

アルゼンチンはアイスランドに引き分け(1-1)。ペルーはセルビアに破れる(0-1)。オーストラリアはフランスに破れる(1-2)。アジアの強豪はフランスといい試合をしたが破れる。

今日はとうとう2階に上がらず仕舞い。デイゲームの巨人、ロッテにさよなら逆転負け。

6月18日(月) 曇り

熟睡した。夜中に1度もトイレに起きず。今朝はウグイスの声が聞こえない。

ブラジルはスイスと引き分け。

最近の事件は、浜松の看護婦連れ去り殺害事件、新幹線事故(知らぬ間に先頭車輪が人を跳ねる、多分、自殺者。東北新幹線も5時間止まる)。和歌山ドンファン事件も加熱気味。アメリカと中国の貿易戦争の勃発。1990年前後の日本とアメリカの対立の再現。8月の米韓合同軍事演習は取り止めるというトランプさんの発言の波紋。シリアからの?難民受入を巡るイタリアとフランスの対立。アフガニスタンの自爆テロ、しかも国内各派閥が合意した停戦直後のこと。少し前だが、マハティールさんが首相に返り咲いた。90歳を越えている。100歳を超えた中曽根元首相も米朝首脳会談にコメントを出している。

つらつら思い付くままにメモしているとウグイスが囀ずり出した。時間は6時11分。

ドイツがメキシコに破れた。0対1。セルビアはコスタリカに勝利。1対0。

いつもの朝食後、テレビをつけると関西で地震。震度6弱。画面が地震情報で溢れ始める。昨日の群馬、千葉でも地殻に異変が出ているらしい。何やら、不穏な気配だ。地震多発列島だ。

父がデイケアに出掛けていったあとの午前中はリハビリ後、2階で過ごす。日記を書いたり、いろいろな本をパラパラめくったり。

お昼に階下のキッチンでコーヒーを飲みながら、おにぎりとゆで卵。関西の地震報道が続く。大被害ではないが数名の死者が出たようだ。

13時からBS放送でルキノ・ビスコンティ監督の映画「山猫」を見る。見逃していた大作。最後までの3時間、集中が途切れることなく堪能した。ハリウッド映画もいいが、ヨーロッパの作品は格別だ。時は1860年のイタリアはシチリア島。封建貴族とガリバルディの国家統一気運の高まり。没落の予感と新興の市民階級の登場。ショットのひとつひとつが入念でゆったりとして美しい。テンポの速い娯楽作品を期待したら退屈するであろう。自身が没落貴族の末裔で、失われていく貴族社会への挽歌である。1963年制作。明日は、「ヴェニスに死す」だ。

続いて世界街角歩きは、ベトナムのハノイ。ふつうの人々とのやり取り、生活風景とその臨場感がいい。

夕食は肉じゃがと納豆。納豆は朝食べるより夜食べると栄養摂取効果が高いらしい。

「1941」を読み続ける。独ソ戦でのドイツの快進撃。チャーチルとルーズベルトの秘密の会談は大西洋憲章(署名も拘束力もない)として結実する。アメリカは参戦はしないとしつつ「レンドリース」(イギリスと中国にソ連が加わった武器や原料の原則無償供与)を行うとともに海上輸送の安全策としてUボート攻撃を暗に認める。日本は、南進策を取りナチス・ドイツの占領下に成立したヴシー政権下にある仏印(ベトナム)に進駐する。

シナ事変が泥沼化する中、英米が支援する蒋介石国民党政権への援助物資輸送ルート封じが目的だったが、これによりアメリカから更なる経済制裁を受けることになり、結局、蘭印とマラヤへ出ていかざるを得ない原因となっていく。石油や原料資源の確保のためだ。北進(陸軍、仮想敵はソ連)ではなく南進(海軍、仮想敵は英米蘭)が御前会議で決定する。

21時から韓国対スウェーデンの試合を見る。前半を終わって0対0。退屈な試合で眠くなり就寝。

« 入院日記 リハビリ編 その20 | トップページ | 入院日記 リハビリ編 その22 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院日記 リハビリ編 その20 | トップページ | 入院日記 リハビリ編 その22 »