2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 入院日記 リハビリ編 その21 | トップページ | 入院日記 リハビリ編 その23 »

2018年6月22日 (金)

入院日記 リハビリ編 その22

6月19日(火) 晴

久々にお日様を拝めそうな1日になりそうな天気だ。

韓国は予想通り敗北。今日は日本がコロンビアと戦う。アトランタでブラジルを破った監督が指揮を取るが2匹めのドジョウは見つかるだろうか。

今朝はウグイスが全然鳴かない。どうしたことか。

ニュースを見る。

大坂の地震は意外に被害が大きかった。当事者は可哀想。命を落とした人は、ブロック塀や本棚の下敷きとなって亡くなった。後は建物の損壊、交通機関やインフラの麻痺。それに、SNSでのデマ情報が出回ったという。

スズキ自動車が中国から撤退。インドの成功は中国では通用しなかった。バブリーで見栄っ張りの中国人は軽自動車に興味なし。

8月の米韓軍事演習は中止となった。首脳会談を切っ掛けにまず米韓側が譲歩。北朝鮮の次の行動の番である。

いつもの朝食にアスパラガスと焼豚少々がついた。自分なりに豪勢。

BSで世界ふれあい散歩。今日はロサンジェルスのベニスビーチ。映画「スティング」の脚本を書いた人物も偶然登場。カリフォルニアの青い空と強烈な陽射し。ラップ好きのイギリスからの旅行者も。行き当たりばったりの気儘な街歩き。

午前はリハビリ後、2階で過ごす。

お昼は炒飯とコーヒー。

午後は、待ってました!ルキノ・ヴィスコンティ監督の「ベニスに死す」を見る。トーマス・マン原作の映画。大学時代に1度(眠ってしまった)、その後、マーラーの音楽に目覚めた30代にレンタルビデオで、目覚め、機会があるごとに見ている。物語は初老のアーティストが旅先のベニスで美少年に出会い、恋し、最後はそれが高じて官能の享楽に憔悴してエンディングはビーチで、輝き少年をながめやがら命を落としてしまうという、少年趣味がない私にはどうでもいい話。
時代は第一次大戦前。セリフ少ない。シーンのカットがヴィスコンティ独特の美しさ。アメリカ化が全地球的に覆ってしまった現代人にはもはやこのような美を表現することは不可能だろう。私がヴィスコンティ作品に惹かれるのはまさにこの意味でだ。ハリウッド映画は否定しない。失われてしまったヨーロッパ大陸の円熟した退廃と美への哀惜をこの監督は体現していると思う。

夕食(納豆とハムと玉葱の炒め)後、映画「社長外遊記」を見る。森繁シリーズ四週連続。岡田可愛が前半出演していた。新珠道代がハワイの料亭の女将。ハワイの風景が時代を感じさせる。来週も後半がある。

21時からサッカー観戦。強豪コロンビアを相手に西野監督が2度めの奇跡をもたらした。2対1で勝利。
主力が途中出場だったり、レッドカードで相手は1名退場する運もあったのだろうが、勝利は実力があってのことだろう。運が見方して劣勢を跳ね返した。それにしても驚いた。興奮で深夜過ぎまで暫く眠れなかった。足のこともわすれて・・・。

6月20日(水) 終日雨

朝から雨模様。天候がわるいとウグイスは盛んに囀ずる。

昨日はテレビ漬けの1日となった。今朝のニュースはサッカーの日本の勝利で盛り上がっている。次の相手はセネガル。ポーランドに勝利した。これまた難敵だ。リーグ戦とは言え、皆一発勝負。総合力で上回ってもドイツのように負けることもある。優勢な力には組織力と柔軟な戦術で活路を見いだすしかない。ガップリよつの試合にはならないだろ。かと言って、奇策を用いるほど日本は劣勢ではないように素人ながら思えるのだがテレビ解説を聞くと現時点での総合力はコロンビア以上らしい。

朝食後、リハビリ。テレビでスペインの食紀行。ピンチョス、リンゴ酒で食べるステーキ、オムレツ等。ロンドンで仕事をしていた時、職場のピリー(スペイン人)が食べさせてくれたオムレツを思い出す。

寝不足もありお昼(焼そばとコーヒー)を挟んで休憩。午後はたっぷり2階のベッドで昼寝。

すっきりした頭で「1941」を読了。ドイツのポーランド侵攻から始まるこの本は真珠湾攻撃でルーズベルトの米国が参戦する場面で終わる。しかし、実際には、その前から段階的にイギリスを中心に、チャーチルの要請に呼応しながら、蒋介石の中国、スターリンのソ連を支援し、既に参戦していたと言える。日米交渉は、アメリカにとっては、時間稼ぎの引き延ばしで、大西洋と太平洋の2正面での戦線は避けたかった。日本が先に戦争を仕掛けること(最初の一撃を相手がすること)はドイツ同様に期待していた。

病院から、医者の診断書ができたと、連絡があった。ピックアップは来週火曜日の通院時にする。

夕食はボリュームたっぷりの目刺しとポテトサラダ。

シャワーを浴びて、夕刻前の読書。テレビはお休み。テレビもラジオも電気もない時代の庶民は陽が暮れて何をしていたのだろうか。

ユンガーの「Siebzgig Verweht」(70年の漂流)をパラパラ拾い読み。1060年代半ばのアイスランドの滞在。スリランカ滞在等。

昨夜の寝不足は解消されていないのか眠気に襲われ就寝。21時半。

« 入院日記 リハビリ編 その21 | トップページ | 入院日記 リハビリ編 その23 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院日記 リハビリ編 その21 | トップページ | 入院日記 リハビリ編 その23 »