2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その4 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その6 »

2018年7月12日 (木)

入院日記 リハビリ・直立歩行編 その5

7月10日(火) 晴

5時に目が覚める。

日記を書いたり、退職した職場のTさんにメールを返信する。

左足の指先を見る限り、右足先と殆ど変わらない。但し、親指だけは上に反らす動きがまだ出来ない。

昨日から天気が回復し今日はかなり暑くなりそうだ。

タイの洞窟は更に4名が救出された。残りは5名。

隣のNさんの家の屋根のアンテナの上で朝からヒヨドリがしきりに鳴いている。ウグイスの様に囀ずれば愛でられるのに、と思う。カラスもそうだ。ブラックバードというクロツグミに似た野鳥がヨーロッパにいるが囀ずりは本当に惚れ惚れする。同じ黒い鳥でも大違いだ

ウィンブルドンの錦織がベスト・エイト入りした。芝のコートなので、彼のプレー・スタイルはどちらかと言うと不利だ。更に勝ち上がれるか。2013年の9月にアメリカ出張時、彼は全米オープンで快進撃した。惜しくも決勝で破れたが。全米はクレー・コート(土)だ。

テニスはわが若き日の情熱の対象だった。もっとも、軟式庭球だったが。だから、当時はダブルスしかなかった。日比谷公園のテニスコートで中学生の第一回全国大会に県の代表として出場した。1回戦は島根県代表に接戦で勝ったが、2回戦で愛知代表に完敗。因みに、同じ県代表の女子は優勝した。時は1970年の大阪万国博覧会の年だった。

朝食(シリアル、ミルク、ヨーグルト、焼豚とレタスのサンドイッチにバナナ)後、ルーティンのストレッチと両足歩行。時計を見ると9時半。

西日本大雨災害の犠牲者は朝の新聞で126名、お昼正午で136名。行方不明者がまだかなりいるためもっと増えることは確実だ。

台風8号が発生したが日本列島には接近せず中国大陸へ抜けるようだ。大雨が降ると重慶付近だか長江の水位は14メートルも上がると言う。

炒飯とコーヒーの昼食をとって、扇風機の風に当たりながら居間で休憩。BSでワールド・ニュースを見る。

カタールに拠点があるアルジャジーラ。西側勢力の影響から自由なアラブの立場で情報発信している報道機関だ。そのスポンサーでありカタールがテロリストを支援している疑惑があって、2022年にサッカー・ワールドカップの開催国だが、近隣諸国と国交断絶状態で開催できるかどうか不透明になっているらしい。中東の混乱は想像を越える複雑さだ。サウジアラビアとイランの対立、トルコのイスラム回帰、シリアの混迷。欧米のきょうとうほとしてのイスラエルの存在。

13時からBS映画「インサイダー」を観る。ひさしぶりの真面目な社会派の映画。1998年制作。実際にあった実話に基づいた作品だ。タバコが健康に悪いとタバコの包みに堂々と書かれるようになったのはこの事件があったからだろうか。主人公のアル・パチーノが映画のなかで大学でマルクーゼから学んだという科白もあった。マルクーゼは、リベラルな左翼で学生運動を扇動した教祖だ。日本で言えば、羽仁五郎か。科学者でタバコ会社の技術責任者のラッセル・クロウは、危険性をよく知る立場にあり販売優先の社長と対立し解雇された。アル・パチーノのCBS放送 と接触を契機にタバコ訴訟で専門家として真実を証言した結果、様々な圧力が一家にかかり、家族は離れて行ってしまう。アル・パチーノに協力して看板番組のインタビューでの告発に応じるも放送が取り止めとなる危機が。しかし、最後にはタバコ産業という巨大な利益集団の圧力との闘いに勝利を勝ち取る。
ユナ・ボマー事件の犯人の逮捕が同時期に重なっている。クリントン大頭領とモニカ・ルインスキーの不倫事件も世間を騒がせていただろう。私は倒産しそうなロンドンの支店で奴隷のごとく仕事に没頭、どちらかと言えば報われることのない苦闘をしていた。

2階での音楽観賞:
趣向を変えて、ショッキング・ブルーのロックとクロノス・カルテットのクラシック風アフリカン・サウンドを堪能する。ショッキング・ブルーは「Venus」と「Never marry a railroadman」(イントロが最高!)の2発だけで終わった感じだが、まだ健在のようだ。https://www.youtube.com/watch?v=kkhhpvUsFiI

夕食:枝豆、チーズ、だし巻き玉子、笹かまぼこを肴に冷たいビール。焼肉(豚)でご飯少々。

夜のロードショウは、お待ちかねの「続・社長忍法帖」を観る。フランキー・堺の役回りは毛馬内(けまない)と言う北海道人として登場。鹿児島出身の日系アメリカ人から大変身だが、狂言回しの役どころは変わらない(毛ガニも面白おかしく使われていた)。東京オリンピック直後の作品で、モノレールや整備された高速道路、赤坂見附界隈とホテル・ニューオータニや代々木体育館等々が写されている。赤羽集合団地は知らなかった。
札幌のクラブのマダム新珠三千代との待ち合わせは何と銀座第一ホテル。2階にあったフロントの近くのソファに座ったシーン。大阪出張では梅田の新阪急ホテルがショトに出てきた。そして、京都の歌舞練場の都おどり。
お笑い・お色気コメディーはまたまた楽しませてくれた。来週はロケ地が香港。60年代のレトロな香港が楽しみだ。

リハビリの総括:
両足歩行は合計5回。延べ35往復。600メートルくらいは歩いた。左足首周辺はパンパンに張っていた。まだまだだナァ。この「まだまだ」が終わるのはいつのことか。

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その4 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その4 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その6 »