2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その12 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その14 »

2018年7月20日 (金)

入院日記 リハビリ・直立歩行編 その13

7月18日(水) 晴

2ヶ月半ぶりの2階での睡眠は快適だった。

7時過ぎから30分たっぷりのストレッチをして朝食をとる。ロースハム、マカロニサラダ、キュウリ、レタスを具にしたサンドイッチと野菜ジュース。

父はまだ微熱あり。軽い食事はできた。10時過ぎにに担当のケアマネージャーさんが様子を見に来てくれた。せき止め、解熱剤などの処方の注意やクリニックの担当医への報告など、猛暑のなかお世話になる。今週土曜もデイケアは休み休養することに。

お昼:チキンライス、コーヒーにバナナ。

食後、意を決して、床屋へ車ででかけた。自宅からすぐだ。10分かからない。2ヶ月半ぶりで頭はボサボサだ。バリカンで刈り上げてかなり短く髪の毛カット。ボウズにはしなかった。

Photo


帰りはすぐそばのスーパーに立ち寄り、アイスクリームと鰹の刺身を買ってから帰宅した。一時間ほどの自力による外出は成功した。スーパーですぐ近くのHさんの奥様とバッタリ。

午後はクーラーを効かせた2階で昼寝をしながらウォーレスの「マレー諸島」を読む。1854年から1862年ごろまで足かけ8年にも及ぶ博物学者というか雇われ動植物ハンターとしての体験を綴った膨大な記録。地理誌でもある。冒頭のシンガポールの描写やアンボイナだかで知りあった日本事情通のドイツ人博物学者(オランダ商館駐在で江戸にも足を運んだ)から得た情報の記述など興味深い。時代は幕末の騒然とした時代だが、ウォーレスは数年に渡りマレーシアやインドネシアを旅し、フローラとファウナを探索した。

夕食:鰹の刺身をたっぷりのすりおろしのにんにく醤油で食べる。ビールがことのほかうまい。

シャワーを浴び、涼しい2階の部屋でユンガーの日記を読む。トルコ滞在は1974年7月27日で終る。

Yunnga

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その12 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その14 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その12 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その14 »