2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その10 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その12 »

2018年7月18日 (水)

入院日記 リハビリ・直立歩行編 その11

7月16日(月) 晴

6時前に目が覚めた。

ワールドカップはフランスが優勝した。応援していたクロアチアは残念。スコアは4対2。フランスの圧勝。戦力の層の厚さやスケジュールでもフランスが有利だったから、驚きはしなかった。一ヶ月楽しんだお祭りもこれでお仕舞い。祭りの後の物悲しさ。

So geht es weiter im Leben.  (So it goes further in life)

Yちゃんと朝のライン交換。塾はないけど、復習を家でする予定らしい。折角の三連休は勉強漬け。ちょっと可哀想。

朝食は、納豆、目玉焼き、キャベツサラダにご飯。

左足の膝したが更に細くなった。装具でかなりきつく絞めている関係で、筋肉が固くなるらしい。

弟夫妻が買い出しにくる。今週後半からは軽い買い物を自分でやってみることは弟に伝えた。徐々におんぶに抱っこの全面依存状態から脱却する頃合いに来ている。「自立」だ。

お昼は、厚切りロースカツサンドと焼おにぎりに麦茶。パイナップルの缶詰のデザート。Yちゃんは餃子たべたらしい。

2時間ほど昼寝をする。暑さで何をする気力もなし。クーラーの効いた喫茶店で本を読むか、音楽を聞くにしくはない、と言う思いが去来する。2階の一室はクーラーがあるが、この5年間殆ど東京で生活していたので全然使っていないし、もともとアンチ・エアコン派の自分は極力使いたくはない・・・・・。

Yちゃんからライン連絡。イオンに来てると言う。東武練馬だな。涼しくていいな。東京も36℃近い。

時計は午後5時前。30分くらい前から雷がゴロゴロ鳴っている。5時過ぎに父がデイケアから戻るタイミングで雨が降りだし、何故かアブラゼミも鳴き出した。ワールドカップの表彰の場面も土砂降りの雨だった。

夕食は、もろきゅう、枝豆、焼き鳥弁当にビール。

Yちゃんから、ゲームセンターでとった景品(扇子と財布)や、飲んでいるタピオカドリンクの写真がきた。束の間の真夏日の夕涼みと気晴らしはまだ続いているようだ。

夕方のお湿り程度ではあったが雨のお蔭で幾分かは暑さの体感度合いが和らいだ。シャワーを浴びて汗を流してサッパリした。

夜の読書:奥本大三郎の「壊れた壺」。著者のルイ・ブラッドべり(SFの叙情詩人)へのポジティブな評価のくだりを読む。だが、集中力がすぐ途切れてしまい本を置く。

今日は、歩行練習も気が入らず、ぼんやりした一日。暑さだけのせいではないようだ。積極的な活動が欠如した生活。療養疲れ。無為と倦怠。焦燥感。泰然自若な境地にはなかなかなれない。

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その10 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その12 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その10 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その12 »