2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 入院日記~リハビリ・直立歩行編 その2 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その4 »

2018年7月10日 (火)

入院日記 リハビリ・直立歩行編 その3

7月8日(日) 曇り

5時過ぎの目覚め。

テレビをつけると、クロアチアとロシアの延長後半。ロシアが一点入れて、2対2で終了。PK 戦となる。クロアチアが勝利した。

海苔と厚焼き卵とご飯にフルーツジュースとヨーグルトの朝食。

ストレッチをやって、装具を装着し廊下を歩く。左足首は昨夜寝る前はパンパンに張っていたが今朝は大分和らいでいる。

10時過ぎ、弟夫妻が買い出しにやって来た。2週間ぶりになる。冷蔵庫の中は殆ど空だ。

大雨は、広島、岡山、愛媛で被害が大きい。死者は60人を越えた。高知や岐阜もひどいことになっている。700ミリを越える雨が降った地域もあるらしい。それがどのくらいずごいのかは1階が水没した場面を見れば分かる。

お昼は昔なつかしのコロッケパン。

両足歩行を繰り返し行う。1クール=廊下5往復。約80メートル前後。これを、朝、昼、午後、夕刻と4から5クールを日課にすることとした。1日で400メートル位だが慣れればクール数を増やす。

合間に2階に上がり降りを4回繰り返す。これも結構なトレーニングになった。

2階では今日もクロンチョンに聴き惚れた。真夏の陽気で風に吹かれながら聴くにはぴったりだ。

夕食は、弟が買って来たメンチカツとレタスと枝豆とチーズを肴にエール・ビールを飲んだ。仕上げは、冷し中華そば。

パンパンに張った左足の装具を外して、扇風機に当てながら、居間のソファベットで体を休め、ディスカバリー・チャネルで恐竜の特集を見る。

地球に衝突した隕石の引き起こした爆発は広島型原爆の約10億倍と見積もられる。いわゆる爆発直後の100メートルを越える津波や「核の冬」による気候の変動で、恐竜はすぐに死に絶えたわけではない。雑食する羽に覆われた種類はかなり環境に順応して相当永く生き延びたことが考古学的に分かって来ている。そして、最終的には絶滅した。人類にも何れ絶滅する時が来るだろう。

ユンガー日記の続き:

自分の62年を振り返ると海外は仕事であちこち出掛けたが、どういうわけか、フィリピンとベトナムは行く機会がなかった。

フィリピンの特徴は東南アジア海域では東チモールと並んで宗教が、カトリック(南部はイスラム)であることだ。人種的には、台湾も含むマレー系らしい。

東南アジア全般に言えることだが、中国文明とインド文明とイスラム文明がぶつかり合う十字路である。ベトナムは南はインドの影響が濃厚、北は、中国の影響が強いらしい。インドネシアでもバリ島は、ヒンズー教が残っている。フィリピン南部の島々はイスラムでマレーシアやインドネシアに近い。

« 入院日記~リハビリ・直立歩行編 その2 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院日記~リハビリ・直立歩行編 その2 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その4 »