2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その37 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その39 »

2018年8月14日 (火)

入院日記 リハビリ・直立歩行編 その38

8月12日(日) 曇り

昨夜は涼しくいつになく6時前まで熟睡。睡眠の際の左足のシーネも着けず、素足で昨日から寝ている。漸く出口が見えてきたことは事実。でも、あと一ヶ月はかかる。嗚呼、溜め息。

気を取り直し、新しいストレッチをたっぷり時間をかけてやる。

ゆっくり朝食(シリアル)をとり、日記をつける。

元々は読書日記として2007年に始めたこのブログ。足の完治(装具がとれて完全な2本足歩行になる)まで残る一ヶ月は、忘れたままにになって埃を被った懐かしい本や、積読本など、整理しながら、自分の読書史の振り返りをしてみようと思いたった。

インド映画に入れ込んでいる最近だが、インド人の手によるシャーロック・ホームズものがある。Sherlock Holmes in Japan。インド人の作家(Vasudev Murthy)がヤマシタ・アキラなるペンネームで2013年に出版。2016年の3月に偶然地元の由緒あるK書店で見つけて購入。折しも、マレーシアとオーストラリアに出張する直前に読み始め、旅行に帯同し、ニューカッスルからシドニーに移動する列車の中で読了した。裏表紙には読了日が3月7日とある。

Holmes

ホームズものは中学・高校時代に読んだが世に言う熱狂的なマニアではないし、ストーリーも殆んど忘れてしまっている。

Photo

原因は、ヴァン・ダインやエラリー・クィーンの本格的な探偵推理小説により魅惑されたからだと思う。

Green


この本は、ホームズがモリアーティ教授との一騎討ちの戦いでスイスのライヘンバッハの滝に落ちたまま消息不明になりその後復活を遂げる空白期間に、実は、日本にきて明治日本の国家的危機を救う活躍をさたというお話し。

推理・探偵ものだから詳細はここに記さないが、ホームズは、休暇で山小屋に滞在していた日本人外交官に匿われ、陸路モスクワ経由で当時建設されたばかりのシベリア鉄道でウラジオストク経由、日本に入りモリアーティ一味の追跡から逃れることができた。そこで日本政府から国家機密扱いの重要な問題解決に協力する依頼を受けて了承する。

ホームズを失い傷心のワトソン博士は、1893年の6月のある日、日本からの手紙を受け取る。何とホームズからだ。船のチケット(リバプール~横浜)が同封されており、ワトソンは慌ただしく出発する。客船でマルセイユ、アレクサンドリア、アデン、ボンベイ、シンガポール、上海等を経由して日本の横浜まで旅する途中で、同室の日本人の殺人事件に巻き込まれ、直後には変装をして船に乗り込んでいたホームズと劇的な再会を果たす。モリアーティ一味に命を狙われ、追跡をかわすために、ボンベイから急遽、鉄道でカルカッタに移動し、そこから別の船に乗るかと思えば、ビルマのひなびた港で再び降りて陸路で馬車を使い仏領のカンボジア(プノンペンとアンコールワット)、ベトナムのサイゴンまで移動、そこから再び海路でマカオ経由長崎に何とか無事着く(1893年7月29日)。この旅行中の描写はなかなか楽しく(仏教の聖地ブッダガヤやカルカッタでの哲学談義等)、

最後は明治天皇が主宰する御前会議で見事問題を解決する、と言うホームズファンにとっては、コナン・ドイル亡き後に、連面として創作され続けるホームズもので最近の傑作だ。



お昼:ラーメンと石窯チーズピザにコーヒー。ピザはガスレンジで焼いたが、本格的なイタリアンピザだった。

優勝を狙える戦力で甲子園に乗り込んできた星稜高校が敗退。前半で7対1の大量リード。圧勝だと思っていたが、買い物に出かけて戻って見ると9対9で延長戦。13回のタイブレーク・イニングで2点リードしたが、相手の斎美高校に逆転サヨナラ満塁ホームランを喫し、万事休す。何と言うドラマチックなエンディング!箕島高校の延長18回のサヨナラ負け、松井秀喜の5打席連続の敬遠試合では明徳義塾高校に敗退。何れも四国勢に負けているというのは偶然か。

夕食:鰹の刺身、谷中生姜、冷やしトマトにビールと納豆ご飯少々。鰹が好物の父はメニューは違うが、鰹を一緒に食べて喜ぶ。

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その37 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その39 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その37 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その39 »