2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その50 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その53 »

2018年8月27日 (月)

入院日記 リハビリ・直立歩行編 その52

8月25日(土) 晴

2週間後の歩行開始がようやく見えて来たので、起床後の左足のストレッチに一層の力が入る。右足との感覚の違和感は大分縮まってはいるが、怪我以前の状態に本当に戻るのだろうか。

退職した職場に9月中旬には上京できる目処がたったことをメールで連絡する。
退職直前から止まったままの時間がようやく動き出す。心の安堵に似た感慨が湧いてきた。

朝食(石窯パンのロースハムサンド)の後、父はデイケアに出かける。家の掃除の手伝い。日記をつけて、後はまったりとする。

マレーシア(ペナン島)に今年の5月から移り住んだ先輩からブログを始めた連絡が来た。慣れない外国に住むとなると、勝手が分かるまで時間が掛かる。物価がかなり安いはずなのに1ヶ月の電気代が一万五千円とはちょっとびっくり。

常夏の国だが、自分の経験から言っても、直射日光に当たらなければ、暑さは日本の夏よりしのぎやすいと思う。冷房と扇風機の併用に切り替えてコスト対策したらしい。先輩とは、かつて、オーストラリアのフリーマントルを訪ねて釣りをしたことがある。そのうち現地の釣り情報が来ることを楽しみにしている。

今日も終日猛暑で、気温は35度近い。扇風機を使ってもぬるま湯を浴びている感じた。ほとんどを2階の冷房が効く部屋(26度)で過ごす。ベッドに横になって昼寝したり、本を眺めたり、物思いに耽ったり。

夕食(ビールと猫飯)後、雷がゴロゴロと鳴り、雨が降りだした。小一時間ほどのお湿り程度だが、それでもお陰で、外から入る風が涼しくなった。コオロギが盛んに鳴いている。

東京のYちゃんは週末も塾通いで勉強。

シャワーを浴びてさっぱり、網戸から少し涼しくなった風を感じながら、ソファベッドで、数日前から始めたSherlock Holmes in Japanの再読を続ける。ボンベイの観光シーンからヴィクトリア駅の描写、列車に乗り仏教の聖地ブッダガヤまでの旅。ワトソン博士はアレクサンドリアで罹患したと思われるマラリアの症状に寝込んでしまう。

22時半過ぎ、就寝。

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その50 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その53 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その50 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その53 »