2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その25 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その27 »

2018年8月 2日 (木)

入院日記 リハビリ・直立歩行編 その26

7月31日(火)曇り、後晴れ

5時半前に目覚める。7月は今日が最後だ。時の経過の速いこと。怪我の回復の遅いこと。溜め息がでる。

体を起こして、左足指や足の甲や裏を念入りにマッサージする。右足と比べてまだまだ感覚は鈍い。関節や筋肉はかなり強ばったままだ。

日大の第三者委員会の調査結果が昨日公表されたが、またぞや、日大はマスコミの格好の餌食となっている。報告結果は、事実の隠蔽(ひとりの理事による当事者学生と父親に対する脅し、脅迫)の断定と大学のガバナンスの問題の指摘2点に尽きる。

そんな中、日本ボクシング協会会長に対する会員によるJOCへの告発問題(オリンピックのメダリストが報償金を他の受給資格がない選手と分配させられた)が出てきた。日本独特の体育会系の体質。先輩・後輩の関係。体育会だけに限定されない日本の組織的問題。権限をもつ指導者とおもねる取りまき。イエスマンに囲まれ裸の王さまが脱線しても止める人がいない。裸の王さまは勘違いの上に自己増長して、権力の乱用にいたる。

私自身もそういう場面に身をもって遭遇したこてがあるし、目撃もしてもいる。

今朝も、ミンミンゼミの大合唱を聞き、いつもの朝食後、ストレッチをこなして2階に上がる。

母の補聴器が10年になり交換=買い換えの手続きについて市の窓口と確認。
申込み書を送ってもらい、郵送してから2~3週間掛かるらしい。私の足の完治とどちらが先に決着がつくだろうかと言うタイミングだ。

お昼:五目焼そば、コーヒーとスイカ少々。

ボクシング連盟の会長告発の続き:
大会開催での宿先に際しての「おもてなし」が、受け入れ側(担当した県の協会やホテル)から反発をかった。細かなスイートルームへの差し入れ品目リストによる手配要望、取り巻きのホテルでの異様な出迎え等、で顧客のブラックリストに入れているホテルもあるらしい。迷惑千万な自己増長と取り巻きのそんたくぶり。うんざりする話だが、日本社会の氷山の一角だろう。特に、ドメスティック(純な日本組織)なな組織では何処でも有り得ることだと思う。その他、判定疑惑、グラブの独占販売も。出るは出るは、マスコミはどのチャンネルも日大と山根会長の報道ばかり。私も1日中テレビにかじりついてミーハーよろしく見てしまった。

田中理事長(リーダーシップの欠如)も山根会長(リーダーシップの過剰)もマスコミにとことん食い潰されるだろう。過剰報道気味ではあるが、マネジメント側に分は全くない。二人の面子は丸つぶれ。

しかし、レスリングでもセクハラ問題があったが、格闘技関連の今年のスポーツ界は散々だ。柔道は大丈夫か。

Yちゃんからライン。午前は試験だったらしい。明日はまた終日塾の講習らしい。今日の午後の今は束の間の休憩。

自分の両親はアナログ世代。インターネットやキャッシュガードは言葉だけの存在。私は半分アナログ、半分デジタル。Yちゃんはすでにデジタルにどっぷりだ。これからの世界を生き抜く知識と教養=英語+IT+何等かの専門性。決して平坦な道があるわけではない。Yちゃん頑張れ。

夕食:パプリカと玉葱の炒め、ビール、谷中生姜、笹かまに鮭茶漬け。食事中に地震あり(震度2)。震源地は福島。

庭の水撒きをしていると、蜻蛉や蝶も庭で飛び回っているのに気付いた。終えて居間でくつろいでいると、アブラゼミの大合唱が始まった。夏真っ盛りの狂演。

英語「PK」の続き:
楽しいコメディ映画だが扱っているテーマは宗教でシリアスだ。ヒンズー教、イスラム教、ジャイナ教、キリスト教、仏教、拝火教、ユダヤ教。これだけ(少なくとも)の宗教を背景とする多民族が共存するインド。この映画(無神論ではない)は宗教に敏感に反応する人を大分刺激したらしい。以下は、たインターネットで偶然見つけた書き込み(英語)だ。

A very bold film, PK is a tight slap in the face of the hypocrisy of all religions. You may get angered, offended or upset over the questions it raises but you don't have answers to those questions. That’s because you have a “wrong number”. God is a lie you have been told to love since you were too young to understand and now it’s too fearful to abandon it. All adherence to god is fear based. It’s not that believers don't understand the logic and reasoning, they do understand it all, but they won't change their mind because they are too afraid to do so. PK shakes your convictions because they aren't solid, that’s why the anger.  So, if you are offended by ‪‎PK‬, either answer the questions or shut up, being offended doesn't make you right.‬

私の場合、映画での神の扱いについてはまったく冒涜的と思うほど神の存在と自分が不可分になっていないので、鈍感だった。一神教(ユダヤ・キリスト・イスラム)のいう神だけを信ずるのは納得できない。恐れ多い神はいたるところに宿っていると素朴に思っている。ひょっとしたら人間の脳が作り出した妄想かも知れないとどこかで考えている。いる・いないはわからない。死んでみないと。死んだらお仕舞だ、と思うけれど、そうじゃないかも知れない。だから、熱心に信仰している人の神に対して不敬なことはしたくはないと思う。しかし、不信仰の人には押し付けてほしくない・・・。

 

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その25 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その27 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その25 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その27 »