2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その71 連日のインド映画「恋する輪廻」 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その73 明け方のおぞましい夢。モーム、そしてハワイ。 »

2018年9月16日 (日)

入院日記 リハビリ・直立歩行編 その72 明け方の奇妙な夢。

9月14日(金) 曇り

 

また明け方夢を見る。何かの大会で劇場のような会場にいる私。トイレに行きたくなり席を離れるがトイレが見つからない。途中で小さな食堂を通りすぎると、最初に勤務した会社の顔見知りの九州人古賀ちゃんらしき人が黙々と食事をしている(夢が覚めてから思い出そうとすると学生時代の山口出身の鞍馬君にも似ていた)。

 

劇場の外にでてトイレを探してウロウロしているうちに、開演の時刻が迫り、我慢できそうなので、急いで戻ることにしたが、近道をしようとして何故か海辺に出てしまう。

 

海岸沿いの急斜面に木の梯子があった。急いで上まで登ってみると着地点は何故かビルの屋上なのだが柵があって、自分の左足の自由も利かず越えられずにいると、梯子がぐらぐらし始めた。間一髪で柵をよじ上って着地すると下はコンクリートではなく、そこだけ畳になっている。梯子を登ってやって来る不法侵入者の監視所らしい。しかも、顔見知り(実家の近所に住む辻本氏)のようでもあるビルのオーナーが異変に気づいてやって来るところで目が覚めた。

 

時計は6時少し前。慎重に階段を降りてトイレに行へ。

 

夢の余韻を反芻しながら、1階の居間で足のストレッチをやる。一晩寝て、左足のむくみは大分ひいたが、足首周りは依然として腫ぼったい。

 

納豆と石窯パンのトーストにミルクとレタストマトサラダの朝食。

 

フィリピンやアメリカの南東部で強烈なハリケーンや台風が発生している。北海道は相変わらす余震が続いている。

 

2階で残りの足の筋力トレーニングをやり、日記を書いた後、ベッドで休憩していると、ケアマネージャーさんが久し振りにやって来た。どうも父の右足くるぶしに床擦れが出来たらしい。近くのクリニクで薬を処方して貰う。

 

お昼:ガーリック・トーストとスパゲティ・ジェノベーゼにコーヒー。

 

腹ごなしに、昨夜の映画(「恋の輪廻」)の音楽パートのみ、全曲を聴く。全部で8曲。冒頭の一曲目のシーンを見ながらサタディナイト・フィーバーを思い出した。たぶん、同時代にインドで流行ったのだろう。この曲は伏線になって後半のボリウッド・オールスター陣による華やかなシーンに繋がっている。

 

https://www.youtube.com/watch?v=VzLG6OqOcn8

 

午後の読書はモームの短編(Human Elementsと Honolulu) 。対訳付きの年季が入ったテキスト。読み始めてすぐに眠くなっていつの間にかシエスタ状態になった。

 

Photo

夕食:サラミ・レタス・チェダーチーズを肴にビール。仕上げは、銀座ナイルのチキンカレー。

 

左足首の周辺がまたかなり腫れている。

 

見たいテレビ番組がなく、二夜連続で中身がぎっしり詰まったインド映画にどっぷりと疲れた(心地よい)のか、モームの短編を手にしてベッドに横になり少し読もうとしたが、直ぐに眠りに落ちた。

 

 

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その71 連日のインド映画「恋する輪廻」 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その73 明け方のおぞましい夢。モーム、そしてハワイ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その71 連日のインド映画「恋する輪廻」 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その73 明け方のおぞましい夢。モーム、そしてハワイ。 »