2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その113 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その115 »

2018年10月29日 (月)

入院日記 リハビリ・直立歩行編 その114

10月28日(日) 快晴
 
5時半に目が覚める。
 
「The Eitingons」を読み続ける。22章「女歌手」の残りと23章「スペイン」の最初の三分の一。
レオニド・エイティンゴンがスペイン市民戦争(内乱)で暗躍したらしい。バレンシアに著者は取材で足を運んでいるが、市場で売られているものに唖然としている。それは、羊の頭、鶏のお腹から直接取り出した卵、豚や牛の蹄、血の豆腐、鶏の鶏冠、牛の胃袋、脳髄膜な
ど。どうってことないと思うのだが(アムステルダムの市場では、皮を剥かれたウサギが吊るされていた)ユダヤ系のイギリス人でしかも女性だからだろうか、ゲンナリするらしい。
 
読んでいると、例によってモズの高鳴きが聞こえる。7月一杯はウグイスだったが、今はモズだ。もうそろそろ、ジョウビタキがやってくるだろう。
 
6時半過ぎまでベッドで読みふけり、一階に降りる。リハビリと朝食(石窯パン、牛乳、納豆、ミカン)、そして、2階で日記を書いてゆっくりする。体が張っている。昨日の阿字ヶ浦での遠投の影響だ。左足よりも、肩、腰、背筋。
 
花火が鳴った。日曜日の今日は地元ではフルマラソンの大会が開催中だ。
阿字ヶ浦の釣果(イシモチ、イシガレイ、シロギス)をラインで弟に送ったら、11月6日(火)の休み(弟は銀行から出向して鹿嶋にあるビジネスホテルの支配人)が取れるので一緒に
釣りに行こうとの連絡があった。釣る場所と時間を研究して決める旨、返信する。わざわざ
来てもらってボウズでは様にならない。
お昼:エビピラフとコーヒー。
 
午後:日課の釣りに出かける。今日は那珂川の河川敷。上げ潮の2時間半だ。
 
到着時直後の護岸:
 
Agehajime
 
 
15時過ぎの護岸:
 
Mancho
 
一昨日よりはアタリは多かったが、サイズが小さい。8尾釣ったが、5尾は20㌢未満でリリース。持ち帰りは3尾(26㌢、21㌢、20㌢)。
 
Seigo_3
 
ハゼが全然釣れない。船着き場の漁師さんによれば、「11月になれば多少は釣れるだろう」、とのこと。そして、「ハゼはここよりもっと下流の三反田あたりがいい」と。漁師さん、イシモチ釣りが好きらしい。今年は35年来の不出来。こんなに釣れない年はなかったという。餌はサンマの切り身を使う。30㌢級の良型が釣れるという(私も知っていることだが)。明日は三反田方面でハゼを狙ってみるか…。車を止める場所に苦労するのだが。
 
夕食:こってりと山椒を効かせて煮付けたイシガレイで軽めの赤ワインを飲む。
 
Karei
 
 
夜:昨夜の続きの「大河のうた」を見る。アプは、母の叔父の世話でヒンズー僧の見習いをしながら、小学校に通う。向学心が強く、頭角を現し、県の試験で次席を取り、校長先生に奨学金付きの大学進学を勧められる。反対する母親(ヒンズー僧になって家計を稼ぎ母の面倒を見る)を押し切って(母は息子にビンタをする最後は折れて息子の大学進学を許す)カルカッタへ行く。校長先生の紹介で印刷会社のオーナー宅に住み込みで働きながら大学に通う。
 
この映画では電車(蒸気機関車)が近代化の波の象徴としてしばしば登場する。第一作でも姉とアプは蒸気機関車を見に出かけるシーンがある。この映画でも、アプが田舎からカルカッタへ上京するシーンが何度も出てくるし、一人になった寂しい母がひたすら息子を思い帰郷を待ち焦がれるシーンで遠景に蒸気機関車が登場する。
都会の大学生活に魅せられたアプは田舎の母のもとへの足が遠のく。母の苦悩、そして病。息子の帰郷の際にそれを言い出そうとして口をつぐんでしまう。休暇の時期も試験の準備があるといって帰郷しなかったアプに手紙が届く。母が病に倒れたと。戻ったアプを待っていたのは母の死。世話になった叔父に葬式をしてヒンズー僧の職につくことを勧められる(=学業放棄)、本人は葬式もせずに(カルカッタで自分ですると言って)、カルカッタに戻っていく。
 
第一作はインドで大評判になったが、この第二作での母と息子の描き方がインドの社会通念に反するということで不評だったらしい。海外での受け止め方は好評でヴェニス映画祭では、黒澤明の「蜘蛛の城」と賞を競って、サタジット・レイ監督のこの映画が金獅子賞を受賞した。
 

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その113 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その115 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その113 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その115 »