2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その93 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その95 »

2018年10月 8日 (月)

入院日記 リハビリ・直立歩行編 その94

10月6日(土) 晴

5時過ぎに目が覚めて、日記を書く。

6時過ぎ、居間に移動してリハビリ。昨日で、装具を外して4週間が経過したが、完全復調なはまだ道遠しだ。歩行の際の左足にかかる荷重で微妙な痛みがまだあるのだ。この1ヶ月でかなり緩和したが、速く歩けないし、階段を降りる時はまだつらい。荷重をギリギリまで増やしたトレーニングを先週からしているためか、痛みは減ってはいるが、左足のむくみがまたひどくなった。いったい、いつまで続くのか?永遠に回復しないのではないか。挫けそうな気分になる。溜息・・・だ。

台風25号は、日本海側で、関東はラッキーだが、明日は猛暑日になる予報だ。

父の血圧がまた180を越えた。特別処方の薬を飲ませる。朝食後、しばらくして160位には下がったが、状況は不透明だ。避けられないことだと分かっているが、心配は募る。

年に1回の父の年金に関する書類が来たので、回答書類を作成して投函しにいく。

台風の影響からか、気温がグングン上がり、蒸し暑い。冷房はつけないが、扇風機を回しながら、2階で日記を書いたり、本の整理をしながら、ブック・サーフィンで時間を過ごす。
大岡昇平の旅行記が出てきた。ロックフェラー財団の財政援助で1953年から1954年にかけて1年間アメリカとヨーロッパを旅行した記録。標題は「ザルツブルクの小枝」。

Photo_2

アマゾンで注文したインド映画「ラガーン」が期日に届かず、催促の連絡を入れる。インドの国民的スポーツはクリケットにまつわる、インドと宗主国イギリスの戦いを描いた映画だ。

お昼は、スパゲティー・ナポリタンにガーリック・トーストと栗にコーヒー。

午後の前半は昼寝。3時のおやつにケーキと麦茶。

すっきりしたところで、二時間ほどユンガーの翻訳作業に没頭する。先ずは、第1章の最終訳を完成させることを目標にする。ちくご訳から読みやすい自然な日本語にすること。

夕食は、海老とセロリの塩炒めでビール。小皿は、冷奴、サラミとサヤインゲン、湯がいた真いか等。それに、ご飯少々。

築地の魚市場が豊洲に引っ越しを始めた。

BS放送で土浦全国花火競技大会をしばし見る。強風で競技が一時中断する。結局中止になってしまった。

夕刻の父の血圧は130前後まで下がった。降圧材の薬が効いているようだ。明日の午後から2泊3日で上京を考えていたが、万が一の事が心配で、取り止めることにした。Yちゃんのママに連絡する。残念。

スズメバチ駆除の番組を見る。韓国で猛威を振るっている新しい種類ツマアカスズメバチの駆除方法がすごい。水圧ポンプで吹き飛ばしたり、スプレーに火をつけて火炎放射機のように焼き払ったり。台湾は昆虫の宝庫だが、スズメバチの種類も豊富。日本にはいないスズメバチは攻撃性の強いのは繁殖力にもすぐれ、巨大な巣を造る。駆除の名人が登場したが、駆除した獲物は酒に漬けて漢方に利用している。あるいは、たんぱく質が豊富なため肥料にする。日本では、幼虫を食べる人もいる。

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その93 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その95 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その93 | トップページ | 入院日記 リハビリ・直立歩行編 その95 »