« 12月に蚊が出る!?  レモンはお皿の太陽だ・・・・ | トップページ | 2泊3日の上京、飲み会と神田古本街巡り »

2018年12月10日 (月)

大潮でのセイゴ釣りは、まずまずの結果!

12月7日(金曜日) 曇り後晴


昨夜は21時に就寝。23時前にトイレに起きる。そして、次のトイレが2時半、そして、次が4時半。3回のトイレ。このところ同じパターンだ。お茶の飲みすぎか。


6時前にまた目が覚めて朝の読書。The Global Cold Warはようやく第7章The prospects of socialism:Ethiopia and the Hornを読了。

いつものアカハラの地鳴きを今朝は聞くことが出来た。雨が降った昨日は聞こえなかった。か、アカハラが鳴かなかったか。

朝食:けんちん汁, 身欠きニシンと石窯パン少々にご飯、ミカン一個。

午前中、父が受け取る配当金の換金に郵便局へ。徒歩で15分。往復30分。2キロ弱。いい足の運動だ。換金した金額は私の車のガソリン代ということで預かった。

昼食: 五目飯を電子レンジで温めて両親と分けて食す。それに、ホットコーヒー。

週末の明日から月曜日までは上京する予定である。今週は今日が最後の釣り。しかも、大潮の初日。期待感を持って那珂川河口のマイスポットへ出かけた。現場に到着したのは13時前。3本の竿を出す。一本は60㍍前後。一本は50㍍前後。最後の一本は40㍍前後にした。すぐに、遠投竿にアタリが来たが20㌢未満のセイゴで即リリース。今日は期待できそうだ。ところが、釣れるのは木っ端セイゴばかり。釣ってはリリース、釣ってはリリースを続ける。針を飲まれて鰓を痛めたセイゴは20㌢未満だがキープすることに。


14時過ぎ、いつものハゼ釣り師が立ち寄る。一昨日は、ハゼ15尾釣ったという。すごい!疑似青イソメで!お見事としか言いようがない。しばらく釣り談義をしたが、不思議とこのハゼ釣り師がいるときはアタリが来ない。15時前、それじぁと、ハゼ釣り師が現場を去った直後(釣り師は車に乗ってエンジンを掛けたところ)、真ん中遠投竿の鈴が勢いよく鳴った。久々に力強い大物のアタリだ!ソレッ、フィッシュ・オン! リールを巻き始めると竿先を通じてグングンと獲物の感触。間違いなく30㌢以上のサイズ。鰓洗いをされないように急いで巻いたが、やっぱり、手前で激しい鰓洗いの試練。しかし、しっかりと口に14号の丸セイゴ針が掛かっていたので問題なく護岸に取り込むことが出来た。ホットとした。今日はこれで終了でもいいと思うくらいの解放感を味わう。目測35㌢前後。



Dec63


時合が来たぞ、とばかりに餌をつけて再投入する。すると、今度は、上流側の50㍍ポイントの竿の鈴がなった。2度、3度とリリン、リリン、リリン。木っ端セイゴのアタリとは音が違う。来たぞぉ、と合わせを入れてリールを巻くと、グングンと魚の抵抗を感じる。手前でやはり鰓洗い。針はしっかりと鰓の奥に引っかかっていた。ハリスは4号。まず切られることはない。目測30㌢前後のレギュラーサイズ。本日2尾目。15時を回った直後の5分間で2尾。



Dec64



さらなる期待感が膨らむ。あと30分~40分は出来る。餌のイソメもまだその分くらいはある。自転車で通りかかった散歩人が声を掛けてきた。地元の人ではなく、今秋に四国は高知から転勤でここにやってきたという。四方山話をしていると、本日のアタリ竿、真ん中の遠投竿(60㍍前後)に再びアタリ。30㌢前後のレギュラーサイズが来た。そして、再び、四方山話。四国にはカレイがいない(カレイは寒流系の魚)、グレ(メジナ)などの磯釣りが盛ん。とは言っても、こちらの釣り師の数にはびっくりされた様子。釣り人は少ないそうだ。同じ海に面する県だがこんな違いがあるとは。天下の清流・四万十川がある高知。那珂川は関東では知られた清流ですと説明した。陽が陰って来た。竿の片づけに入った。本日のアタリ竿を残して、下流側、上流側と片付ける。その間、小さいアタリがあった。木っ端セイゴだと思って放っておいて最後にリールを巻くと、グングンと抵抗する。本日4尾目も30㌢のセイゴ。これで納竿! 大漁である。高知の方と車を止めてある神社までいっしょに話をしながら歩いて、そこでお別れした。

釣果 セイゴ6尾(35㌢1尾、30㌢~31㌢3尾、18㌢2尾)



Dec07_1


16時半、久しぶりに高揚した気分で帰宅する。デイケアのYマネージャーが父の面倒を見終わったところだった。近々に関係者が集まって今後の父のケアーの方針について確認のミーティングを開きたいというので了解する。リハビリはデイケアーの3日だけ。家では訪問看護師は来ていただくが寝たきりだ。家でも週一回はリハビリを30分やってはどうかという提案だ。もちろん了承である。

夕食:豚肉のシャブシャブを生姜醤油で敢えて赤ワインを飲む。仕上げは、豚肉と納豆と春菊のお浸しにご飯少々。春菊の苦味が何とも言えず美味い。

バスタブに湯を張り体を温めて2階へ。The Global Cold Warを読み進めようとベッドにもぐりこんだが、すぐに眠くなる。半日の釣りはいい体の運動だ。以前のように帰るころにぐったりとした疲れることはなくなった。足も9分くらいまで回復したと思う。今日の釣りの場面を反芻しながらあっという間に眠りに落ちた。

« 12月に蚊が出る!?  レモンはお皿の太陽だ・・・・ | トップページ | 2泊3日の上京、飲み会と神田古本街巡り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月に蚊が出る!?  レモンはお皿の太陽だ・・・・ | トップページ | 2泊3日の上京、飲み会と神田古本街巡り »