2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 看板の美女にギクリ! | トップページ | 冷え込みが厳しくなって・・・。 »

2018年12月29日 (土)

本を買ったり、お正月の買い物をしたり・・・

12月27日(木) 曇り

5時半の目ざめ。天気予報では冷え込むという話だが思ったほどでもなかった。 アカハラの地鳴きを聞く。時間は6時20分過ぎ。

朝の読書は、気楽に、とジョージ・ミケシュ(George Mikes) のWisdom for othersを手にする。半世紀以上前の作品だが読んでいて身に染みるフレーズがいろいろとある。最初に読んだのは1980年代のろだ(20代のころ)。



Dec27_1


フランスのモラリストのロシュフーコーの有名な言葉の原文と英訳が扉にある。英訳はIt is easier to be wise for othersthan for yourself. 他人のアラはよく見えるけど自分のアラは気づかない。灯台もと暗し。1. On Money, 2. On Soul, 3. On Men and Women, 4.A few  words on the worldの4部構成。もうこの歳になってうんうんと頷いても遅すぎる・・・ような気がする。若いときに読んだけれどきれいさっぱり頭から抜けている。人生は結局一回きりの出たとこ勝負だなぁと思う。人生の半分は失敗というか悩みで苦しみ、半分はまあそれなりに楽しいこともたくさんあった。齢を重ねればリスクに対する感は働くので禍い巻き込まれるのは少なくなったが、その分わくわくドキドキはなくなってしまったような気はする。自分から物理的なエネルギーが少しずつ失われているからだろうとも思う。

人生80年が普通になった21世紀の日本だがこの国にはかつての活力はない。成熟しているのだろうか。そう思いたい。中国を含むアジア新興国はかつての日本のように上昇気流に乗ってはいるがピークはいずれにしても彼らにもやってくるのだ。ミケシュがこの本を書いたのは1960年代である。第二次大戦の勝者だったが、アメリカとは雲泥の差。そんな中で、アメリカより先に栄華を極めゆっくりと没落=デカダンスの淵に落ちていく?イギリス人向けの愛情を込めた、しかし、ユダヤ人らしいピりりと辛いユーモアが読んでいて楽しい。


イギリスに初めて足を運んだのは1984年のこと、まさに、サッチャー首相が大改革を始めたころであった。労働党政権から一気に新自由主義へ。産業資本主義から金融資本主義への思い切った転換。1990年代から2000年の前半、イギリスはバブル経済でふたたび我が世を謳歌した。そして、リーマン・ショックで日本に遅れること17年で雲行きが怪しくなっている。産業資本主義を見捨てたツケがブレクジットとなって、今の政局の混乱になっている。
朝食:冷蔵庫の残飯処理でブリ大根(柚子味)を電子レンジであたためてフランスパンと食べる。それにホットミルク。

9時過ぎに車でハローワークへ職業相談に出かける。次の失業手当給付まで最低2回は職業相談をしないといけない。今回は2回目だ。両親の介護もあり、自宅から通えてかつ時間は9時から18時の間のものを探すことに。年明けて新年度に向けた求人が出るタイミングまでまたないとめぼしいものはでないだろう。30分で切り上げて、途中、コンビニで東京のマンションの固定資産税を払い、年賀状を買って(まだ書いていない)、それから、ブックオフに寄り道する。中谷巌さんの本にあった2014年の世界的ベストセラー「サピエンス全史」の日本語訳があったので上・下巻を買う。定価1900円が1350円。2冊で2700円だから、1100円安い。千末年始に一気に読んでしまおう。


Dec27_2

帰宅途中、ルブラン(洋菓子屋)で岩間の栗を使ったロールケーキを購入。東京ではケーキを食べたが、両親は食べていない。ケーキを食べたがる世代ではないが、やっぱりそれはないだろう、と。

お昼:オニオンスープと石窯パンにコーヒー。

食後はお正月の買い出しに出かける。釣りも考えたが、寒いし何をつろうか迷いがあった。セイゴだと夜釣りになってしまうし。ということで、那珂湊漁港で日持ちのする黒豆、栗きんとん、なると巻き、ワカサギの甘露煮などをまとめ買いする。それに、今週食べる煮つけの魚(黒ソイ2尾で600円)と地元特産のアンコウ(湯がいたもので酢味噌で食べる)。

夕食:残り物のアイナメの兜煮、オイル・サーディン、ポテトサラダ、パプリカのマリネを肴にビールを飲む。
食後は、居間で電気ストーブをつけて、池上彰さんの特集番組(平成30年間の振り返り)を途中まで見たり、佐藤勝氏の「現代の地政学」を読んだりして22時過ぎに就寝。

« 看板の美女にギクリ! | トップページ | 冷え込みが厳しくなって・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 看板の美女にギクリ! | トップページ | 冷え込みが厳しくなって・・・。 »