2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日も無為の一日。映画2本立て。 | トップページ | まだまだ釣れるセイゴ。夕刻2時間の短期決戦は3尾にボラ1尾。 »

2019年1月24日 (木)

寒い北風に負けた日、ミネストローネで体を温める。

1月23日(水)晴、風強し


6時過ぎの目ざめ。アカハラ君の声を二日連続で聞けず。

朝食:石窯パンのトースト、納豆、ポテトサラダ、アラ汁

父がデイケアーに出かけた後は、2階で休憩していると、外からアカハラの地鳴きが聞こえてきた。

ネットでBBCニュースを読んでいると、ルドルフ・ヘスの記事を見つけた。

ナチス・ドイツのヒトラーの副官だった人。地位的にはナンバー・スリー。ソ連に侵攻する直前の1941年5月、ヘスは単独飛行をしてイギリスのスコットランドへ。現代史の謎だが、ヒトラーの許可もなく、単独でイギリスと講和交渉のために飛んだとされる。が、イギリスは相手にしなかった。諜報機関に身柄を預けられ、ヒトラーの側近ということで取り調べを受けながらドイツの敗戦まで身柄を拘束され、ニュルンベルク裁判では有罪、無期懲役となり、ベルリンの戦犯収容所に収監。1960年代初めまでにはヘスを除く戦犯はいなくなった。たった一人の懲役囚。1987年8月に首つり自殺をした。実は、この収監されていたヘスは、本物の身代わりで本当はヘスではなかったという陰謀説があったらしい。

記事は、DNA鑑定をした結果、本人に間違いないということが確認されたという。ヘスについてはBBCのニュースで何度かこれまでも取り上げられているようだが、イギリスの心理学者が諜報機関に協力してナチスの側近を通してヒトラーとは何者なのか、ナチスとはなんなのかという分析をしたらしい。昨日読んだ、ユングにのナチスの無意識のキーワードとして「英国に対する劣等感」について、もう一つの記事の中でも触れられている。

https://www.bbc.com/news/magazine-17588632


ダンケルクでイギリス陸軍を殲滅することが出来たのに何もしなかったヒトラー。その一方で、英国への空爆を試みるもイギリス空軍に撃退されるといういかにも中途半端なヒトラーの対英戦争戦略。ソ連への攻撃を開始するにあたって、2正面作成を避けるべく、ヘスは、ヒトラーの考えを「忖度」して、「大英帝国の権益を尊重するかわりにヨーロッパの覇権をイギリスに認めてもらうことを前提とした停戦交渉」のために単独の英国に自ら飛行機を操縦して乗りこんだらしいが、失敗に終わった。

10地過ぎ、資源ゴミ出しに外に出る。その足で、Kストアでへ。キッチン用品の購入。Kストアだが一昨日は閉店していた。店主さんによると風邪に加えて転んで腰を打って一時動けなくなってしまったらしい。骨折しなくてよかった。御歳は80代前半と聞いている。ご主人は介護もむなしくすでに亡くなられている。いろいろアドバイスをしてくださる方だ。さらに、スーパーKにも足を運び、食材を購入。主に野菜類。春菊が高い。一束で300円弱。これでは買う気がしない。たまたまだが、地元の農家の安モノ(130円、つまり半額以下)を見つけて買うことに。

昼食:ソース焼きそば。

釣りに出かけようといったん家を出たが、強い風が吹いてて、途中で方針変更。釣りは取りやめにした。代わりにツタヤに寄り道して2時間ほどぶらぶらする。3冊ほど購入。1500円弱の出費。以前から読もうと思っていた吉田健一の「英国に就いて」もそのうちの一冊。

家に戻って、ミネストローネを作る。ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、カブ、白ネギ、セロリをすべて5㍉くらいのサイコロサイズに切る。ニンニクの微塵切り、トマト2個もサイコロサイズに切る。人参とベーコンをニンニクと一緒にオリーブオイルでまず炒め、それからジャガイモとトマトを除いて次々と放り込む。3分ほどの早業。それから、チキンブイヨンを8カップほど入れ、煮だって来たらジャガイモ、トマトを加え、さらに、マカロニを加えて、弱火ににして20分。途中、キドニービーンの缶詰もタレごと鍋にぶっこむ。20分したら火をとめ、セロリの葉っぱの微塵切りを降入れる。スープの味はうす味。なかなかいい感じだ。胡椒だけ少し加えて完成だ。

出来上がったところで、一休みする。知人から去年もらったまま忘れていた紅茶(ダージリン)を入れて飲む。抹茶味の羊羹をたべながら。

17時過ぎ、元気な父がデイケアから戻る。

夕食は、もちろんミネストローネがメイン。それに、セイゴの切り身の残りにオリーブオイルを塗って直火でグリル。それにポン酢をかけてもう一つの一品と一緒に食す。我ながら、ミネストローネの出来栄えに少しばかり誇らしくなった。

夜の読書:ユング心理学入門を読み続ける。

« 今日も無為の一日。映画2本立て。 | トップページ | まだまだ釣れるセイゴ。夕刻2時間の短期決戦は3尾にボラ1尾。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日も無為の一日。映画2本立て。 | トップページ | まだまだ釣れるセイゴ。夕刻2時間の短期決戦は3尾にボラ1尾。 »