« ポテトサラダ第三弾、映画「ジャッカルの日」、フェイクニュース | トップページ | 朝鮮半島再び~今年の初釣りは上々の出来だった。 »

2019年1月13日 (日)

Yちゃん、取り敢えず第一関門突破。良かったぁ・・・。

1月12日(金) 曇り


6時過ぎの目覚め。今日もアカハラの地鳴きを聞く。昨夜、寝る前、Yちゃんのママから連絡あり。滑り止めの受験、まさかの失敗。エエエッ、と驚くが試験なんて運不運がある。慰めるしかない。今日の第2試験(敗者復活戦)で頑張るよう励ます。

朝食:アジの干物、ポテトサラダ、ご飯少々にお雑煮用の汁。

9時半、市の介護関係の職員がやってきて母の介護認定面接を行う。昨年に続き2度目。まだ介護を受ける必要はないほど頭脳も体のしっかりしているが、いつガタガタとなるかわからないのでケアーマネージャーのアドバイスによる。近くに住む年老いた母のマンションに通い面倒を見ていた知人が、ある日訪ねたら、昨日まで元気だった母が用も足せずに床に座り込んで泣いていた場面に遭遇して愕然、茫然自失したという話が自分の頭の片隅にある。

10時半、ケアーマネージャーさんが来る。

昼食:お雑煮用の汁で力ウドンを作って食べる。両親にも好評。

ワーグナーのCDを聞く。ショルティー指揮のワーグナー・デラックス版。楽劇「ラインの黄金」から第4場、楽劇「ワレキューレ」からワレキューレの騎行、同じくヴォータンの別れと魔の炎の音楽、いずれも第3幕から、楽劇「神々のたそがれ」ジークフリートのラインへの旅、葬送行進曲とフィナーレ。ワレキューレの騎行を聞くとどうしても映画「地獄の黙示録」を思い出してしまう。

午後遅くから夕刻にかけてセイゴ釣りを考えたが(今日は大潮直後の中潮)、Yちゃんのことが気になって気力が萎えてしまった。本人はまさかの失敗で泣いたらしい。人生の試練と言ったら大げさだが、乗り越えないといけない試練は一生ついて回ること。一つの失敗でめげていたら生きていけない。タフにならなければ。などなど勝手な思いが去来する。人生は失敗や挫折の連続だ。本日は敗者復活戦、2度目の試験の受験に行った。幸運を祈るばかりである。本人よりも周りのほうがハラハラしてしまうのがこの世界だろう。お母さんは昨夜は眠れなかったらしい。

夕食:牛肉と白菜の蒸し煮(味付けは醤油、オリーブオイル、砂糖と味醂にお酒)をつくり赤ワインを飲む。それにポテトサラダ。いい味になってきた。

BSで「欲望の資本主義2019」の再放送を見る。


ケインズもハイエクもケースバイケースで正しいということだろうか。少なくとも、20世紀前半、大恐慌から1960年代まではケインズ全盛時代であり、ハイエクのような自由主義では時代を乗り切れなかった事実がある。社会主義(共産主義)にしてもファシズム・ナチズムにしても、自由主義を否定した中央権力による計画経済である。ファシズム・ナチズムはそれにナショナリズムが結びついた。社会主義がインターナショナリズムを謳ったのに対し(レーニンの後を継いだスターリニズムは、インターナショナリズムという仮面のものとにナショナルな一国社会主義=ロシア帝国を復活させてしまったが)。


しかし、1980年代から西側では「新自由主義」が始まりそれと並行するようにソ連は崩壊してしまった。新自由主義(市場経済主義)というインターナショナリズムが、社会主義というインターナショナリズムに勝った瞬間だった。キーワードはテクノロジー。社会主義(市場を否定した計画経済)は、テクノロジーの競争において自由主義陣営に負けた。1990年代から始まったアメリカ覇権による新自由主義が世界を覆い始めた。キーワードは、テクノロジーの粋から生まれたインターネット(アメリカの軍事産業が開発したものを無償で世界のインフラとして無料で開放した。インターネットの胴元である。これが意味することは?タダほど怖いものはない)というテクノロジーの粋である。

今日では、インターナショナリズムというより国・国境を前提としない「グローバリズム」がもう一つのキーワードだ。国が管理できない権力=GAFA(Google,Apple,Facebook,Amazon)は、インターネットという基本インフラのもとに巨大産業を構築してしまった。アメリカの東海岸のウォール街に匹敵するハイテクIT産業の巨人たちがアメリカの西海岸で大きな力を世界に向けて放射している。

数年前に、サンフランシスコを訪れる機会があった。サンフランシスコの物価の高さは異常である。ITエンジニアが住む町ではワイン一本の単価が1万円からである。我々庶民だと一本1000円のワインがそれなりの贅沢なのに。ファースト・クラスのホテルの部屋単価が3万、4万である。誰が泊まるのだろう、と思っていたら日系企業の人が、IT関係の人だそうだ。モノづくりのメーカーはサンフランシスコからどんどん撤退して地方というかアメリカの地方、それも南に移動しているらしい。トヨタもサンフランシスコに比べればかなり物価が安いロサンジェルスを引き払ってしまった。

インタビューされた専門家で印象に残った言葉。結局、「GAFAによる、グローバルレベルでの中国型資本主義が成立しつつある」。

22時、Yちゃんのお母さんから連絡あり。2度目で「合格」した、と。良かった、良かった。早速にライン電話で、お母さんとYちゃんにお祝いの言葉を贈る。血の繋がりはないとは言え身内のようにホットした安堵感に浸る。

スッキリした気持ちでベッドの中に入り、眠くなるまでRestless Empireを読見続ける。

« ポテトサラダ第三弾、映画「ジャッカルの日」、フェイクニュース | トップページ | 朝鮮半島再び~今年の初釣りは上々の出来だった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポテトサラダ第三弾、映画「ジャッカルの日」、フェイクニュース | トップページ | 朝鮮半島再び~今年の初釣りは上々の出来だった。 »