2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« カワラヒワ、面接、朝鮮半島の続き。 | トップページ | ウグイスの初鳴きを聞く! ブキャナンの本を熟読。 »

2019年3月 4日 (月)

北朝鮮の続き、コンマリとトランプさん。

3月2日(土) 晴



2時半に目が覚めて眠れなくなる。2時間ほどビーバーを読んでまた寝る。6時半前に目が覚める。

朝食:笹かまぼこ、焼きのり、春菊のお浸しとご飯の一皿盛り。

9時10分、父はデイケアーに。

米と北朝鮮の核合意破談の続報で目に留まったもと駐韓大使による記事を読んだ。さすがにポイントを押さえた今回の双方の動きとそれぞれの国内政治情勢踏まえての評価で、興味深く読んだ。



北朝鮮が経済成長しているというのは池上彰さんの番組でも以前見たことがある。反西欧植民地諸国(往々にして共産主義陣営に組していたか影響を大きく受けた国々)の制裁破りはあるからだ。北朝鮮国内で一般の庶民はブラックマーケットで食べている現実がある。
政府もある程度黙認しているようだ。庶民はしたたかに生き抜くしかないのだろう。

それにしてもトランプさん、危ない綱渡りをしているように見える。国内でもあのアクの強さへの反発からトランプさんのスキャンダル報道でマスコミを始め反対派勢力が一段と糾弾のトーンを上げ始めている。タフな人だ。トランプさんのあの強弁、シロをクロとしてしまうレトリックはどこから来るのか。面白い記事を見つけた。


https://www.politico.com/magazine/story/2017/10/13/donald-trump-positive-thinking-215704


このサイトだが、もともとは、日本人女性でアメリカでは超有名になっているコンマリこと近藤麻理恵さんのBBC記事のリンクにあったものだ。


北ベトナムの非核化の問題よりも、よく考えると増え続け自分の部屋の本をどう整理するかのほうがよほど私には問題のようである。

昼食:小倉餡のデニッシュ、ジャケットポテト(ハムとゴーダチーズ)

ビーバーの「第二次世界大戦」を読み続ける。「バルバロッサ作戦」、ドイツのソ連侵攻。1941年の6月から9月までの章。

夕食:昨日使った真鯛の残りで、真鯛の釜焼きとアラの一部で潮汁を作る。仕上げはミネストローネ。釜焼きは、焼きあがった後に、日本酒と醤油を振って、日本酒の熱燗を飲みながら肴にした。ベリー・グッド。もう休業してしまったようだが、虎ノ門駅すぐ近くで、官庁の関係者も繁く通う店があった。「よっちゃん」の金目鯛の塩焼きを思い出す味だった。

ビーバーの「第二次世界大戦」は精緻にして浩瀚な軍事史の専門家によるすばらしい本で、ただただ圧倒される。とりあえず250㌻ほど読んだところで復習(各章ごと)をしないと膨大な情報のなかに飲み込まれてしまいそうだ。夜は、気分転換、日本語でパトリック・ブキャナンの「不必要だった二つの大戦 チャーチルとヒトラー」を読む。2012年に一度読了してかなりのページに付箋張りしてあり、書き込みを入れながら今回は再読・熟読しようと思っている。

夜、ミネストローネを作る。今回はお味噌は使わず。トマト風味を強くだす味にした。

« カワラヒワ、面接、朝鮮半島の続き。 | トップページ | ウグイスの初鳴きを聞く! ブキャナンの本を熟読。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カワラヒワ、面接、朝鮮半島の続き。 | トップページ | ウグイスの初鳴きを聞く! ブキャナンの本を熟読。 »