2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 「英語帝国主義」の続き。 | トップページ | 「マッケンナの黄金」、フランドル風牛肉のビール煮込み。 »

2019年3月12日 (火)

梅、沈丁花、春キャベツ、そして、真鯛再び。

3月10日(日)晴、後曇り


庭の梅が満開。


Umemankai10


沈丁花の花も独特の香りを漂わせながら地味に開花した。



Jinnchoge



朝食:納豆、ベーコンエッグ、ご飯、笹かまぼこ、ミネストローネ。一皿盛りの見てくれは、まるでインドネシアやマレーシアで食べたナシ・ゴーレンの日本版。平なお皿に米があり、その上に肉・魚・卵・野菜類を適宜乗せたぶっかけご飯である。



Choshoku



東向きの空き地の茂みでウグイスが盛んに囀る。午前中のみならず午後も。


なかなか手につかなかった2階の本の整理を始める。昼前買い物に。K百貨店で真鯛の兜とアラを380円で再び購入する。その後、別のスーパーで野菜類を買う。春キャベツがみずみずしく見えて購入する。帰宅して早速、春キャベツたっぷりの焼きそばを作って家族にお振舞う。



Yakisoba


本の整理をしながらブックサーフィンをする。整理しながらある本が目に付くと、それを手にしてパラパラと読み始めてしまう。従ってなかなか進まない。


夕食:春キャベツとベーコンの炒め物と鯛の煮つけ少々でビールを飲む。仕上げは真鯛の潮汁とタコの刺身。釜の煮つけはそれぞれに両親に。父は骨だけを残してすべて食べる。さすがは魚好きである。



Kyabetu_ushio


<両親には兜煮をそれぞれ献上>


Taikabutoni

« 「英語帝国主義」の続き。 | トップページ | 「マッケンナの黄金」、フランドル風牛肉のビール煮込み。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「英語帝国主義」の続き。 | トップページ | 「マッケンナの黄金」、フランドル風牛肉のビール煮込み。 »