« ハナカミキリと思っていた昆虫はジョウカイボンというそっくりさんだった。 | トップページ | 今シーズン初のシロギスが釣れるまで・・・ »

2019年5月11日 (土)

オリンピックのチケット抽選にトライするも地獄を見る。

5月10日(金)晴

ようやく、辿り着き開会式D席とE席を3枚ずつ申し込もうとしたら、2枚しか予約できない。つまり、DかEのどちらかで一発勝負の抽選になるらしい。あと1枚はYちゃんのところで申し込むしかない。ところで、それはいいとして、次にすすむのに電話認証が必要で手続きしようとしたのだが、これがうまく行かない。何度かけても駄目。186をつけても駄目。自分の携帯が過去に他の目的で認証を受けているとダメらしいいがそんなの自分にはわからない。それで、ほとんど使っていない自分用の固定電話に変更して、再度トライしたのだが。なんやかややっていると2時半になってしまった。そして、こちらも電話認証でひっかかる。なんってこっちゃ。やる気が失せて、そのままスリープ状態にして寝ることに。

朝食:アジの干物、葱と豆腐の味噌汁、納豆、ご飯少々。
昼食:ソーセージ入りバゲット一本、メロンパン、コーヒー。
夕食:今シーズン初のカツオを焼いて食べる。酒・醤油・味醂にニンニクのすりおろしを入れ半日つけて置いたものを焼いた。父が好きな食べ方だ。これと昨日のジャガイモ・人参・ピーマンの炒め物を肴にビールを飲む。

開会式のチケット抽選申し込みうまくいかないので、電話問い合わせをしようと事務局に電話するが、これもインターネット同じビジー状態。
何度掛けても通話中か忙しいのであとでまた掛けなおせとの音声が流れる。私のようなITに弱い老年世代の人は皆同じように頭をかかえているのではないか。

これもあって、今日は、野鳥・昆虫ウォッチングはお休み。

それで、というわけでもないのだが、某通信添削会社のアルバイト(採点)を3月に申し込んだところ、一次と二次審査にパス。三次審査の通知が来たので書類を20数枚(両面)を印刷したものを精読する。添削会社よりさらに郵送物が来るという。それまちだ。

午後は、車でドライブ。釣り場の下見にでかける。涸沼川で1時間ほど手長エビを狙ったが空振り。ヌマチチブしか釣れず。釣り餌屋によるとシロギスが釣れ始めたという。しかし、今日は南風が強く投げ釣りには厳しい。明日の早朝を狙って那珂湊か阿字ヶ浦に行ってみようか・・。

開会式抽選申し込みは電話が結局、終日何度かトライしたがつながらないので、ウェッブでの問い合わせをして回答まちにする。携帯電話での
電話認証をまたやってみたが、やっぱりだめ。

1964年の東京オリンピックのときの開会式のチケットの倍率は86倍だったらしい。たとえ、抽選予約申し込みが出来たとして、抽選で運よく当る確率はこれまたIT時代のこと、可能性は非常に低いだろう。それでも、まあ、申し込まないことには、抽選に参加できないというジレンマ。その申し込みでこのカタツムリの歩みのような進み具合でイライラが募るし、すぐに、解決せず、心が落ち着かない。

Yちゃんのママからライン連絡。Yちゃんはクラスの1泊2日の合宿研修で富士山のほうに出かけているらしい。チケット抽選の話をすると、私は
セッカチすぎる、という指摘。いい歳して、カリカリすることもなかろう。人生60過ぎたらどっしり構えて泰然自若の境地にならないといけないはずが。我、今だ熟せず・・・。熟せぬまま、老いを迎え、朽ち果てるか。

« ハナカミキリと思っていた昆虫はジョウカイボンというそっくりさんだった。 | トップページ | 今シーズン初のシロギスが釣れるまで・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハナカミキリと思っていた昆虫はジョウカイボンというそっくりさんだった。 | トップページ | 今シーズン初のシロギスが釣れるまで・・・ »