2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« なかなか数釣りにならないイシモチ。 | トップページ | グローバリズムとナショナリズムの相克。つれずれなるままに、もの思い・・・ »

2019年7月17日 (水)

マイワシ70尾、手長エビ4尾。

7月16日(火)曇り

昨年のこの時期と違って台風や大雨は降らないけれど涼しい日が続く。御日様が顔を出さない。何度か海に出かけたが荒れていて竿をだす気力がでない。12日(水)、たまたま寄り道した那珂湊漁港(魚を買うつもりで)マイワシが爆釣であった。お昼前のことだ。車につんだままにしてあるやわらかい竿にサビキ仕掛けをセットして竿を出した。第一投から釣れた。入れ食いである。コマセを巻く必要がない。コマセを捲いている人曰く「捲くいてる時間がないよ」。30分ほどで70尾。切り上げて帰宅。サイズは18㌢前後と小ぶりではあったが。

Iwashi

背開きにして小麦粉をまぶし、オリーブオイルでさっと焼いて(揚げて)レモン汁を絞ってビールを飲む。うまい!

Iwashi_20190717091501  

残りは、甘露煮(母が作る)、毎朝の塩焼き、そして、オリーブオイルとニンニクを効かせて玉葱とジャガイモのサイコロ切りと一緒に炒め、白ワインで蒸し煮にしたりした。

12日(金)は母の88回目の誕生日のお祝い、13日(土)はYちゃんのママの誕生祝いの夕食で上京したりしながら、昨日までは、某通信添削会社の仕事が始まってエネルギーを使った。

一段落した今日も天気はよろしくない。冷蔵庫の一番上の段の奥に保管した餌もくたくたになっている。そうだ、手長エビ釣りをやろう、と思いたって、午後から那珂川に出かけた。大潮で上げ潮。

Tsuriba

Tenagaebitsuri2

最初の1時間はいろいろ探ったが、ようやくあるポイントでアタリが来た。手長エビといういう名前そのもの、長い両手をしたエビが釣れた。

Tenaga2_20190717092601  

2尾目 

Tenaga3

3尾目(右のハサミがない)

Tenaga4

4尾目

Tenaga5

16時半、満潮で護岸が水浸しになったので納竿。2時間半で4尾。いまひとつだが、コツは分かった。エビの通り道があるらしくポイントをみつけたらそこを集中して狙うことが大事だ。今日の4尾はすべて同じポイントだった。次回はもっと釣果を上げたいなぁと思いつつ帰宅した。

Tenaga1

 

« なかなか数釣りにならないイシモチ。 | トップページ | グローバリズムとナショナリズムの相克。つれずれなるままに、もの思い・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なかなか数釣りにならないイシモチ。 | トップページ | グローバリズムとナショナリズムの相克。つれずれなるままに、もの思い・・・ »