« あっと言う間に一週間が過ぎ、いよいよお盆突入 | トップページ | お盆のちょっとばかりの災難 »

2019年8月14日 (水)

お盆のハゼ釣り

8月14日(水)曇り、時々晴れ

昨夜は夜中過ぎに雨の降る音が聞こえた。久方ぶりのお湿りである。

香港の反政府デモは6月から始まっって今現在も続き、とうとう空港が閉鎖されてしまうという事態までエスカレート。アメリカ側の情報リークによれば中国軍が香港との国境付近に移動しているという。中国側からの情報リークによれば、アメリカ領事館が積極的に反政府デモを応援し煽っている、と。すわ、これは、第二の「天安門事件」が起きる前触れか? いずれにしても、どちらも正しいのだろう。それにしても、どのような形で決着するのだろうか? 悪化する日韓の外交関係と同様、出口が見えない。

国際政治を論じるテレビ番組で、宮家某が、アメリカにおける朝鮮半島の核問題は、世界状況(中東のイラン問題、IS問題)と中国との覇権争い問題に比べると優先順位はかなり下がる、との指摘。すでに、アメリカは、インド・パキスタンが、核保有国であることを認めた如く、北朝鮮についもも同じスタンスで話しをすすめようとしていると。北朝鮮は、アメリカを意識してアメリカに届くミサイルの実験はしていない。一方、イランは核をもっていないし、核保有は絶対にみとめない厳しい態度で臨むであろう、と。資源大国(石油)であり、かつてのペルシャ帝国の末裔、中東でサウジアラビアやトルコと覇を競う大国と、世界の極貧国・北朝鮮ではレベルが違いすぎる、ということかも知らない。

それにしても、困るのは日本である。朝鮮半島が核保有ということになれば、そのバランスをとる力学が当然働く。日本が核保有国なるというのは現実可能なのか。アメリカは絶対に求めないだろう。日本に原爆を使った国である。現在は友好関係にあるが、無意識レベルには深く罪悪感とキリスト教・白人文明とは違う異質な日本に対する恐怖感(復讐)がある。中国は、暴れまわった小国日本にさんざん苛まれたトラウマはそう簡単に克服できるわけではない。日本の核武装には覇権争いで敵対する米中であっても手を結ぶに違いない。となると、出口なしの日本になってしまわないか?

セクハラスキャンダルで収監されたアメリカの大物投資家が刑務所で自殺をしたことが報道されていた。トランプさんやクリントンさん、英国のアンドリュー王子とも付き合いがあったこの大物エプスタイン氏の毒牙にかかったティーンエイジの女性は数知れず。me too運動でセクハラを告発する女性が後をたたないが、今朝のニュースでは、イタリアの大物プラシド・ドミンゴ氏が告発されたとの報道。自分の立場を利用して名もなき無垢な女性を毒牙にかける男は悪に決まっているが、シンデレラを夢見る女性の脇の甘さも問題だ。だから自業自得だといって突き放すのもかわいそとは思うのだが、この問題は永遠に解決しない男女の問題だろう。

閑話休題。

今朝ほど、朝いちばんの買い物からもどって玄関近くで、老人にであった。自宅前に車をとめていて車庫に入れない。初老の男はつかつかと私に近づき、届け物があってすぐ車を動かしますから、と。戻って、母から、昔、家の近くに住んでいたN商店の長男だ、と話しを聞かされ、その面影がまったくなかったこと、余りの老け方に、唖然とした。何か、大きな病いとか試練とかで苦労したのだろうか。姿も話し方も70代半ばのひとであった。

昨日は、午後2時間半、涸沼川でハゼ釣りに興じた。今年のイシモチは不漁。昨年も駄目だったらしいから2年続きだ。平磯海岸では釣れているという話だったが、海水浴シーズンで駐車場は600円だ。イシモチ狙いはもうあきらめて、そろそろハゼのシーズンだと、涸沼川へ。穴釣りで年越しの2年物、ヒネハゼを狙った。

Hobo-onajibasho

第一投から狙いどおりのアタリ。目測16㌢。

Haze1

再び良型のハゼ(16㌢)

Haze2

本日最大17㌢

Haze3

小物だが、ズズズズーンとハゼ特有の強いアタリに心が躍った。折からの灼熱の太陽で、シャツは汗でびしょびしょ。小ペットボトル2本を飲みながらの「熱戦」だったが堪能した。

休憩中にふと上流を見やるとアオサギが佇んでいた…

Aosagi

釣果 11㌢~17㌢ 9尾

Haze9

« あっと言う間に一週間が過ぎ、いよいよお盆突入 | トップページ | お盆のちょっとばかりの災難 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あっと言う間に一週間が過ぎ、いよいよお盆突入 | トップページ | お盆のちょっとばかりの災難 »