« お盆のハゼ釣り | トップページ | もう一つの「破損」は夢の中。アオサギにハゼを食われ、釣りの最後に思い出したこととは!? »

2019年8月16日 (金)

お盆のちょっとばかりの災難

8月16日(金) 曇り時々晴れ、終日風強し。

私事だが、悪いことが3つ重なった。

一つ目
2011年に5万円で購入したノートパソコン(東芝のダイナブック)のキーボードの一部が反応しなくなった。仕方なく、画面キーボードに切り替えて操作はしているが、アウトである。ウィンドウズ7なのだが、十分に使える愛用のパソコン。修理に出すべきかどうか迷っている。費用次第だ。基本的にはWindows10搭載で昨年末に勝ったラップトップを主に使っているのだから問題はないのだが・・・

二つ目
父譲りの愛用の継竿を折ってしまった。昨日、涸沼川でハゼ釣り第二弾に出かけた。サイズが小さくなってしまったが、2時間半で10尾。まわりはカイズ釣りの人が数人竿を出していたが一人だけ2尾釣っていた。10尾釣ったところで16時。家にかえらなくっちゃ、と片付けていると、一番上の細い竿が二番目の竿の継ぎ目のところでポキリ。心痛む瞬間だった。

三つ目
添削の仕事の情報が届いたので、プリントしていたら、最後の資料を印刷中にプリンターのトラブルが発生。それから延々と2時間、再起動したり、他のパソコンにしたり、トナーを替えたりやってみたがまったくダメ。2005年の秋に秋葉原で購入したキャノン製で、もう14年近く使っている愛用機。午前中、カスタマーズセンターに電話するも、さんざんいろいろやって、修理に出すしかないとの判定。買い替えだ。

ということで、矢継ぎ早に身の回りのものが壊れたり、壊したりで気分が落ち込んだ。形あるもの、かならず壊れるのだから、運命として諦めるしかないことは分かっているけれど、長年付き合った自分の分身のようなものや大切にしているものが突然駄目になってしまう、というのはやっぱり辛いことだ。

2階で添削の資料を勉強していると、巣立ちガラスがグゥァ、グワァと吹き出したくなるような鳴き声を上げている。電信柱の上で大人とかわらぬ(むしろ大きい)姿が見えた。

Karasu

スナップショット。カラスにからかわれているような気分になり、さらに気分が落ち込んでしまった。しばらくすると、ヒヨドリの悲鳴が盛んに聞こえる。二階のベランダに巣立ち雛がやって来ていた。そして、カラスが格好の餌食と狙っているようなのだ。巣立ち雛(尻尾が短い)はすぐに飛び去った。どうも、近所の空き家にある庭木の茂みに身を隠しているようだがカラスが張り付いて狙っているようだった。ヒヨドリの親の悲痛ともいえる叫びが何とも物悲しい。無事でいてほしいと思うばかりだ、巣立ち雛よ。

Hiyodori-hina

周辺では、ツクツクボウシが鳴き始めている。高校野球もベスト8が明日で出揃う。早くも秋の気配が。台風は西日本のひとには気の毒だったが関東に来なくて良かった。

« お盆のハゼ釣り | トップページ | もう一つの「破損」は夢の中。アオサギにハゼを食われ、釣りの最後に思い出したこととは!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お盆のハゼ釣り | トップページ | もう一つの「破損」は夢の中。アオサギにハゼを食われ、釣りの最後に思い出したこととは!? »