2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 台風が去り、猛暑、そして、カイズ釣り | トップページ | もう秋かぁ。あなたも、インド映画「ミルカ」を観るか(ダジャレのつもり)? »

2019年9月16日 (月)

大潮の大釣り

9月16日(月)雨、後曇り

カイズを3枚仕留めた翌日、つまり、先週の木曜日のことだが、大潮だったので再び現場に足を運んだ。はやる心~釣りの楽しみの一つは釣り始める直前のあの何とも言えない心の高揚感である~を押さえながら安全運転で出かけたのだった。

ところが、ななな何と、すでに人が釣り座を構えているのにびっくり。仕方なく、橋の下流側のいつもの護岸で竿を出すことに。

気が付けば、季節は巡り、いつの間にか稲は色づきあちこちで収穫の時期になっていた。

Kararetaine

蝉はまだ鳴いているが、川向うの広い草地からホオジロの冴えずりが聞こえてくる。イソヒヨドリの美しい美声も護岸のどこからか聞こえる。翡翠色のカワセミも目の前を通り過ぎて行った。護岸の刈られた草地を飛び回るバッタを捕まえた。ショウリョウバッタである。

Shouryou2

 竿は3本出した。カイズを意識して腰の柔らかい4.5㍍の竿を2本(錘負荷10号と15号)に投げ竿1本(錘負荷25号)だ。2本針の吹き流し仕掛け。一つの針には2Lサイズのオキアミ、もう一つには青イソメをつけて、カイズ狙いではあるが(カイズはオキアミ、青イソメ、シジミの身、小さなカニ、スイカ、など何でも食ってくるらしい)セイゴ、マゴチ、イシモチでもなんでも来いというつもりだった。前日の雷雨もあり川の水には濁りがあった。昼間からウナギも釣れるかも知れない・・・。期待感が高まる。

そして結果は? 13時過ぎから16時までの3時間、セイゴ・フッコがバタバタと当った。

Seigo-30cm

さすがは大潮である。釣れてくる魚は30㌢前後である。アタリは微妙で大きな引き込みはないが、リールを巻くとセイゴ特有の強烈な抵抗、護岸では水面下に盛り込もうとしたり、途中で鰓洗いのジャンプをしたり。40㌢のフッコは一番柔らかい竿で針は8号、ハリスは1.5号だった。1週間前の再現。何とか護岸まで引き寄せ、何とか引き上げた途端にハリスが切れてしまったがギリギリセーフだった。

Seigo-dairyo

終わってみれば、セイゴのオンパレード。カイズはからぶりであった。下流側のカイズのポイントは遠いんだよなぁ。どういうわけか。記憶では50㍍以上先に投げた遠投竿で釣れた。一方、昨日の上流側のポイントは手前のポイントだった。30㍍前後だった。

週末は例によって家に閉じこもって添削の仕事に没頭。釣ってきたセイゴ・フッコは山椒煮、グリル、アラ汁にして毎日のように食卓に供した。冷蔵庫には最後の一尾がまだ残っているが・・・・。

« 台風が去り、猛暑、そして、カイズ釣り | トップページ | もう秋かぁ。あなたも、インド映画「ミルカ」を観るか(ダジャレのつもり)? »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風が去り、猛暑、そして、カイズ釣り | トップページ | もう秋かぁ。あなたも、インド映画「ミルカ」を観るか(ダジャレのつもり)? »