2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 「チャンピョン達の朝食」の再読。 | トップページ | ウグイスが笹鳴く! »

2019年9月 6日 (金)

新しいハゼ(ニシキハゼ?)との邂逅・・・

96日(金)曇り

昨夜は21時前に寝入ってしまった。夕食後、テレビサーフィンをしてパソコンのウィンドウズ10のアップデートが始まりいつまでたっても画面は作業中の表示。ベッドに入ってゴロリとしていたらそのまま寝てしまった。夢を見ることもなく目が覚めると明け方の4時。外は真っ暗。日が大分短くなった。

起きてニュースチェック。イギリスのブレグジットの迷走、香港の混乱は法案廃棄が正式に発表されたものの終息するかは不明、京急電車とトラックが踏切りで衝突事故、負のスパイラルを辿り続け日韓関係の中、韓国政府で大統領側近に起こったスキャンダルの続報。アメリカを襲う超大型ハリケーン(ハリケーン、台風、サイクロンの違いは何だ?)

大雨による洪水で工場の油が流れ出し油漬けになって売り物にならなくなってしまった佐賀の農家のコメ。週末から週明けにかけて台風が本州に上陸するかも・・・。

添削会社から連絡のメール。今週はお休み。ならば、1ヶ月ぶりの上京でもしてYちゃん親子と遊んだり神田の古本屋巡りをしてこようか、と思い始める。

50㌢のフッコ(鱸の一歩手前)を釣り上げていらい何度か足を運んだが、釣れるのは小物ばかり(25㌢~35㌢)。先週は30㌢までは届かなかったがクロダイ(カイズ)も釣れた。

Kaizu

湊大橋から1㌔弱上流のスポットは釣り人もおらず大変気に入っている。満潮前後、干潮前後、いろいろな時間帯で竿を2時間と決めてだしたが、やはり釣れるのは満潮前後の時間帯だ。それから、上げ潮五分の時点もアタリが多いような気がする。この辺りで釣れるセイゴ・フッコは臭みがないのがいい。血抜きをして、帰宅してから内臓をすぐ処理して冷蔵庫保存。朝な夕なに塩焼きにしてたっぷりのレモン汁をかけ、時には日本酒と醤油、時には、オリーブ油、時には澄ましバターをかけて、胡椒をふったりするのだが、絶品である。焼き魚、というより「新鮮な魚のグリル」と形容したくなるような味わいである。

Sakana-gurill

一度だけ、阿字ヶ浦海岸にでかけたがシロギスもイシモチも不発。水が澄んでいるのでシロギスは行けるだろうと思ったが釣れるのはクサフグばかり。3本針の仕掛けを3つ、2本針の仕掛けも二つやられて納竿。写真は、第一投で釣れた初めて見るハゼの仲間。インターネットで調べてみるとどうも「ニシキハゼ」というハゼの仲間のようである。新種の発見ではないけれど、驚くことがだんだん少なくなった初老!?の自分には心ときめく瞬間であり、しげしげと陽光を反射して光る砂にまみれた魚体に魅入ってしまった。

Nishikihaze

 

 

 

 

« 「チャンピョン達の朝食」の再読。 | トップページ | ウグイスが笹鳴く! »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「チャンピョン達の朝食」の再読。 | トップページ | ウグイスが笹鳴く! »