2008年8月23日 (土)

星野ジャパン惨敗に苦言を呈す。

たった今、オリンピック野球の決勝を見終わったところ。アジア地区の韓国が金メダルを取れてよかったと思う。キューバが金メダルを取るよりは、という意味で。韓国ではオリンピック期間中はプロ野球を休みにしているらしく、球界をあげてというか国をあげて金メダルを取るための照準を合わせてきっちりといいチームを作ってきた、という印象を受けた。最終回は、主審の疑惑の判定もあるが一打逆転さよならの場面だったが、ダブルプレーで切り抜けたのは、韓国の底力だろう。実際、キューバの選手は追い込まれていた。

それにつけても不甲斐ない日本代表だった。何が、金メダル期待の星野ジャパンだ、というのが今回の日本の戦いぶりだった。出発前の壮行試合の段階ですでに大敗して黄色信号がともっていた。マスコミは星野監督をかばって書かないが、今回の惨敗によって星野氏は己の監督としての無能さを白日の下にさらしてしまった。オリンピックに照準を合わせて選手達の力がピークにならないようなチームを作ったのは誰の責任だ?国際大会に強い上原をほとんど使わず、予選で打ち込まれた岩瀬投手や和田投手の起用したり、本当にがけっぷちのなかで勝つ野球をしようとしたのだろうか?

準決勝の韓国戦は完全に力負けだった。韓国のほうが上だった。予選で戦ってすでにわかっていたのではないか。一発勝負の国際大会は、甲子園の高校野球と同じだ。決勝トーナメントは負けたらオシマイだ。戦力的に多少弱くても監督の采配で勝てる野球を星野監督はしなかった。問題の逆転を許した8回、上原を投入せずに何故岩瀬を出したのか!

男子サッカーの惨敗も見ていて腹がたった。負けるにしても何か許せるものがあればいいのだが、何もなかった。おっと、イケナイ、イケナイ。野球の惨敗に腹を立てていたら、余計なことを思い出してしまった。今回の野球の惨敗も、見ていてサッカー男子と同じだった。見るべきところががまったくなかった。一途に必死にあんたら本当にやってるのか!

とは言え、まあ、みんな一生懸命やってるんだから・・・という声が聞こえなくもない。年甲斐もなく、興奮しなさんな、お前の言うことは、単なる野次馬の妄言だ!いいかげんにしろ・・・と私のなかの別の人格がなだめようとする。 しかし、しかし、どうにもイライラが収まらない。今宵はしばらくは心が乱れて寝付けそうもない感じだ。

2008年4月 7日 (月)

世界カタコト辞典(8)

Die Franzosen spielen eleganter.  (ドイツ語で「フランス人は優雅にプレーする」の意味)

スポーツは時と場合によって異常な興奮を呼び起こすドラマとなる。私の出会った鳥肌の出るドラマでまず思い出すのはミュンヘンオリンピックの男子バレーボール準決勝の日本対ブルガリアだ。優勝候補だった日本だったが、簡単に2セットを失ってしまった。ズラタノフ、確かそういう名前だったと思う、ブルガリアのエースアタッカーに次々と強烈なスパイクを決められてあっという間に追い込まれてしまった日本代表チームだった。監督は松平さん、セッターは猫田選手、エースアタッカーは大古、横田の2枚看板、ブロックのうまい長身の南、サービスとレシーブの島岡。名前が次々と出てくる。

追い込まれた日本は、第3セットも終盤まで劣勢であった。もう駄目か、と思った時、日本は一気に逆転してセットカウント21とした。第4セットも一進一退で第3セットと同じ展開で取り、セットカウント22。タイにもつれ込んだ第5セットも終盤まで相手にリードを許してああ、もう駄目か、という土壇場で三たび、驚異的な粘りでひっくり返し逆転勝ちしたのだった。終わった瞬間の選手はまるで優勝したかのようだった。 私はちょうど高校生で1学期の期末試験の最中だった。物理の勉強をしながら結局最後までテレビで興奮してしまい、勉強にならなかた。試験の結果は本当に0点だった。

次に思い浮かぶのは、1982年のワールドカップサッカーだ。この年は、マラドーナが初デビューした大会だが、何より記憶に残るのは準決勝の西ドイツ対フランスだった。フランスにはあのプラティニがいたし、ジラスというこれまた渋いミッドフィールダーもいた。ドイツにはフォワードのルンメニゲと若き日のマティアスがいた。

準決勝の日、ヨーロッパ出張で私はウィーンに滞在していた。仕事で緊張していた私は、夕方ホテルにチェックイン、街中にふらりと出かけてウィーン風カツレツでも食べようかとホテルのロビーを通りかかったところ、奥のラウンジで人々がテレビの周りでビールを飲みながら興奮しているところに遭遇した。試合が始まったのだ。1対ゼロでフランスがリードしていた。

夕食を取っていたレストランでもサッカーの中継をラジオで放送していた。11でどうも延長戦になり、前半でフランスが2対ゼロでリードしてるらしい。ああ、これでドイツは負けだナ(ドイツ語を勉強した手前、どうもドイツびいきであったようだ)。 食事を終えてタクシーに乗りホテルに戻った。

ロビー奥のラウンジでの人はさらに増え、興奮しながらテレビに見入っていた。後半にドイツは2点を取り22の同点となっていた。そして、決着つかず、PK戦が始まった。両チームとも点を入れながら先にドイツが外した。ああ、これで駄目か、と思いきや今度はフランスが一本ドイツのキーパーに止められてサドンデスとなった。一進一退のなか、最後に気の弱そうなフランスの選手が蹴って大きくゴールを外してドイツが勝利した。結局私が見たのは、最後の延長の22の終わりからPK戦だけだったが、ものすごいドラマだった。3度追いついて最後はフランスがミスをして何とか勝ったドイツだったが、ラウンジのドイツ語を話す人たちの興奮と言ったらなかった。

翌日私はパリに飛んだ。昨夜の試合でフランスは3度ドイツを追い込みながら負けてしまったパリでは、通りのあちこちに破り捨てられた新聞が散乱していた。

その頃の私はサッカーにはあまり興味がなかった。出張で昼間は代理店の飛び込みセールスをしながら夕方になると安いビジネスホテルに投宿し、一人でラウンジでビールを飲みながらドイツ人達が熱心にワールドカップの応援をするのを一緒に何度か観戦したのがサッカーに興味を持ち始めた始まりである。ワールドカップの世界は一流のプレーヤーがしのぎを削るだけにいい試合が多かった。当時の日本実業団のアマチュアサッカーとは大違いであった。

1982年大会は、結局イタリアが優勝したが、フランスも強かった。何より、あの甘いマスクのプラティニがいた。ある晩、ドイツ人に混じってサッカー観戦をしながらビールを飲んでいると、テレビの中で女性ゲストが、私はフランスチームを応援するわ。なぜなら、Die Franzosen spielen eleganter(フランス人のプレーは華麗なの) とコメントする言葉がピタリと私の耳に収まった。 Ja, das stimmt.(確かにそうだ)と思わず、私の隣でビールを飲んでいたドイツ人呟いた。

ドイツ人はヨーロッパでは田舎者、野暮の代名詞みたいなところがある。サッカースタイルも私の知るサッカー通たちによれば、「負けないサッカーだけれど、見ていてあまり面白くない」、というのが通り相場だ。ラテン諸国の個人技や華麗さには確かに欠けるようだ。

しかし、1982年のサッカー・ワールド・カップ・スペイン大会の準決勝西ドイツ対フランス戦でのあの熱戦とドイツ人女性のコメントはセットになって今でも私にとっては強烈な印象と輝きを放ち続けているのだ。